韓国ドラマ-イ・サン

部長
今回は「宮廷女官チャングムの誓い」 「トンイ」を手がけた巨匠イ・ビョンフン監督の大ヒット歴史ドラマ『イ・サン』をご紹介します!

副部長
朝鮮王朝史上、最も波乱万丈の人生を送った王イ・サン(第22代王・正祖)の生涯を描いた超大作ですね!

部長
全77話の構成になっています!

イ・サン-概要

部長
幼き日のサン(のちの第22代王・正祖)は、王位継承者であった父が何者かの陰謀によって謀反の濡れ衣を着せられ、
祖父である第21代王・英祖(ヨンジョ)によって死に至らしめられるという経験をする。
父を救えなかった無念、そして「聖君になれ」という父の言葉を胸に抱き、王位継承者となったサンは、
祖父・英祖からの厳しい教えを受けながら、王として成長を遂げていく。
一方で、サンの父を陥れた黒幕とその一派は朝廷内にはびこり、今度はサンの廃位や暗殺を企むのだった。
しかし、陰謀や策略が渦巻く中にあっても、幼いころに友情で結ばれたソンヨンとテス、
頭脳明晰な側近ホン・グギョンなど、周囲の人々に支えられながら、サンは幾多の困難に立ち向かっていく・・・。

イ・サン-相関図

韓国ドラマ-イ・サン-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-イ・サン-25話

部長

妹である貞純(チョンスン)王妃に都へ呼び戻され、大晦日恒例の王室行事、儺礼戯(ナレイ)でサンの暗殺を計画するキム・ギジュ。彼は、宴の最後に披露される花火に爆薬を仕掛けてサンの命を奪おうと目論んでいた。
暗殺計画を疑うホン・グギョンは、テスに命じて暗殺の計画が企てられていることをナム・サチョとチェ・ジェゴンに伝える。そして、儺礼戯に関する情報を集めて計画を推測しようと、チェ・ジェゴンに資料を集めるよう依頼していた。
その頃、王妃たちに暗殺計画からはずされていたファワン親子は…。

韓国ドラマ-イ・サン-26話

副部長

いよいよ、大みそか恒例の王室行事、儺礼戯(ナレイ)が始まる。貞純(チョンスン)王妃は、暗殺計画はサンの側に漏れているとして中止するよう命じるが、キム・ギジュは王妃に従わず独断で計画を決行することに。
ホン・グギョンは、敵が花火に爆薬を仕掛けてサンを暗殺しようとしていることに気づき、急いで宮殿に駆けつける。しかし宮殿に入るには特別な許可証が必要だと閉め出されてしまい…。

韓国ドラマ-イ・サン-27話

部長

テスの発砲により、サンの暗殺は未遂に終わり事無きを得る。しかし、儺礼戯(ナレイ)で発砲したとして、テスは義禁府に連行されてしまった。すぐに駆けつけるサンだが、キム・ギジュは「テスは王、英祖(ヨンジョ)の命を狙った疑いがある」とサンの言葉にまったく耳を貸そうとしない。キム・ギジュは、何としてもテスに、サンの指示で王様を狙ったと自白させ、サンに濡れ衣を着せるつもりなのだ。サンは、重罪人用の牢に繋がれたテスを訪ね、必ず助け出すと誓う。

おすすめの記事