韓国ドラマ-オクニョ

部長
今回は「宮廷女官 チャングムの誓い」「トンイ」のイ・ビョンフン監督が描いた、見どころ満載の話題作『オクニョ』をご紹介します!

副部長
チン・セヨン演じるオクニョが数々の困難に立ち向かい、愛と人生を取り戻す波乱の物語ですね!

部長
全51話の構成になっています!

オクニョ-概要

部長
16世紀半ばの朝鮮王朝時代。
刺客に襲われた妊婦が監獄に逃げ込み、女児を出産後に命を落とす。
その子はオクニョと名付けられ、監獄で育てられた。
少女には天賦の才能が秘められていた。
母について真実を知りたいという強い思いでオクニョは囚人たちから法や易経などの知識や明の言葉を貪欲に学び次々と身に着けていくのだった。
成長したオクニョは母の死の謎を追う。
その途中で国を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。
強大な権力に立ち向かうオクニョ。
3人の男性との出会いがオクニョの運命を大きく変えることになる!

オクニョ-相関図

韓国ドラマ-オクニョ-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-オクニョ-19話

部長

テウォンは誰よりもオクニョと会う機会が多かったので・・。心のどこかで、オクニョは自分のものだと錯覚しているところがありました。だからこそテウォンは、ミョンジョンの話を聞いて心が激しく動揺したのです。オクニョがミョンジョンと会っていた!その話を聞いたとき、テウォンは完全に平常心を失っていました。
どうしてこんなに落ち着かないのか・・王様とオクニョが会ったからといってなんだ・・。必死に自分をなだめようとしますが、心はますます揺れ動くばかりです。感情がいっぱいいっぱいになってテウォンは、ついにオクニョに話します。もう二度と・・ミョンジョン王には会わないでほしい・・と。
一方、オクニョはオリジナルの塩を完成させ、それを軍に納入するための入札に参加しました。行く手にはナンジョンという大きな壁がありましたが、オクニョンには塩の品質に自信がありました。大丈夫!勢力は小さくても必ず品質で勝負できる!と。
そしていよいよ、塩の入札結果が知らされる日がやって来ました。オクニョンとテウォンは緊張しながら待っていましたが、結果は・・採用でした!オクニョンたちの塩は大番狂わせを起こし、ナンジョンたちを破って軍への納入を決めたのです。ああ・・これまでの苦労が報われた・・と、オクニョは素直に結果を喜びます。
ところがそのすぐ後、オクニョとミョンジョン王は複数の男たちに襲われてしまいます!二人は辛うじて逃げて無事でしたが、オクニョは心に傷を負います。王様がいるのに襲うなんて、一体誰がこんな大それたことを・・と。一方、テウォンはオクニョへの嫉妬心を激しく燃やしていきます。
ナンジョンは巻き返しを図るため、謀略を用いてテウォンたちを逮捕させます。そしてナンジョンは、オクニョが軍への塩の納入に成功した理由を知るのでした。それを知るきっかけになったのは、ジェミョン商団による軍への塩の納入です。彼女はこの事実を知って、ウォンヒョンとテウォンの関係に気づいたのです。
そうかなるほど・・ウォンヒョンがテウォンに便宜を図っていたのね・・と。さらにナンジョンは素早く行動し、典獄署に関する内部情報も入手しました。その結果、ナンジョンはオクニョたちを逮捕する名分を得ることに成功したのです。こうしてオクニョとテウォンは逮捕され、監獄に収監されてしまいます。そして捜査の手は二人だけに留まらず、ジェミョン商団のジェミョンにも及ぶのでした...。

韓国ドラマ-オクニョ-20話

副部長

塩の入札で大勝利を収めてから一転、オクニョはふたたび罪人にされてしまいます。原因はナンジョンのオクニョへの対抗心にありましたが、逮捕の絵図を描いたのはマッケです。マッケは・・ナンジョンの兄にあたる人物です!このマッケの謀略がことごとく成功し、オクニョ、テウォン、ジェミョンの3人は牢獄行きです。
オクニョにとっては牢獄は住み慣れた場所でしたが、今回は事情が違います。無実の罪を背負わされて収監されるのは、決して気持ちのいいものではありません。それに自分一人ではなく、テウォンとジェミョンも一緒なのです。いずれも塩の入札に関係した人間ばかりで・・裏に陰謀が隠れているとすぐに分かります。
ところが、ナンジョンの狙いは3人を投獄することだけではありませんでした。彼女はもっと根本から3人を潰したいと考えていたのです。その最終目標は・・ジェミョン商団を潰して解散させることです。こうしてナンジョンは新たな計画をマッケに伝えます。
その頃、シネは婚礼が延長されることを知って落胆し、熱を出して寝込んでいました。これより少し前、ジホンは結婚について考え直したいと宣言していたのです。シネはジホンとの結婚を楽しみにしていただけに、その落ち込みようは半端じゃありません。ショックを受けた彼女は高熱を出すだけでなく、食事も喉が通らない状態に陥ります。
こうしてジホンは、ナンジョンの怒りを買う羽目になります。ナンジョンは二人を早く結婚させたいと考えていたので、それが白紙になったことで焦ります。しかし彼女の怒りはジホンだけでなく、やがてオクニョにも向けられるようになります。なぜなら彼女は、結婚の白紙化にオクニョが絡んでいることを知ったからです。
またしてもオクニョか・・塩の件といいジホンのことといい、余計なことばかりしてくれて!と。ナンジョンのオクニョに対する怒りはピークに達します。こうなったら徹底的にオクニョを潰してやる・・と、ナンジョンは怒りの決意を胸に抱きます。まずは、ジェミョン商団を抹殺することからナンジョンは取りかかります。
一方、すでに牢獄に収監されているオクニョは何も手出しすることができません。やがて下されるであろう判決を、緊張しながら待つしかないのです。そしてついにその判決が下されます。オクニョには有罪判決が出され、彼女は奴婢の身分に下ろされてしまいます!それはオクニョにとってあまりにも無慈悲な判決でした...。

韓国ドラマ-オクニョ-21話

部長

牢獄で生活することはちっとも苦にならない、むしろ慣れているから大丈夫。そう考えるオクニョも、さすがに今回の判決には納得が行きません。きちんとした取調べも行ってもらえなかったうえに、奴婢の身分に落とされたのです。しかも自分は何も罪を犯していないのに・・こんな仕打ちはあまりにもひどすぎる!と。
事実、オクニョが受けた裁判は公平なものではありませんでした。
最初からナンジョンの要求を満たすための出来レートとなっており・・。判決の有力な決め手として使われた証言も、実はあからさまな偽証でした。オクニョに不利な証言をしたのはテシクでしたが、テシクはナンジョンと裏で繋がっていたのです。いずれにしてもオクニョには有罪判決・・身分は奴婢に格下げとなり・・海州へ追放されます。
一方、オクニョが無罪であることは多くの人間たちが知っていました。とりわけ典獄署の人間たちは、今回の判決に怒っていました。そしてチョンドゥクやチョンドゥンらは、オクニョ救出作戦を考え始めます。このままオクニョを海州に旅出させてはいけない!俺たちの力でなんとしてでも彼女を救い出すんだ!二人がこう息巻く中、ウチがある提案を行います。
それはオクニョを救出するためのいい作戦でしたが、あまりにもリスクの大きい方法でもありました。もしこの方法を実行して見つかったら確実に罪に問われる・・そういう方法でした。一方、ジホンはテスの遺言を思い出していました。遺言にははっきりと、テスのことを世話しろと書かれていました。
今まさに自分が動いてオクニョを世話するときだ・・!
テスは決心を固めて、オクニョを救出するために動き出します。しかし彼の懸命な働きかけにも関わらず、オクニョへの判決が覆ることはありませんでした。ジホンは無力感と罪悪感にさいなまれ、オクニョンに会いに行くこともできません。彼女が海州に向けて出発する日、ジホンは物陰からそっと見送るのが精一杯でした・・。
一方、ミョンジョン王はオクニョが流刑にされようとしていることを知りません。
しかしそんなミョンジョン王に対して、ソンホが秘かにオクニョの現状を伝えます。それを聞いたミョンジョン王は直ちに立ち上がり、オクニョを救うべく動き始めます!その頃、ウチは海州に連れて行かれるオクニョを必死に追いかけていました。しかし一向に追いつかず、オクニョの姿はどんどん遠く離れてばかりです・・。オクニョは過酷な環境の中で歩かされ、しかも山賊に襲われてしまいます!...。

おすすめの記事