韓国ドラマ-花を咲かせろ!ダルスン-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-花を咲かせろ!ダルスン-あらすじ-40話~42話-キャスト
花を咲かせろ!ダルスンのあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【花を咲かせろ!ダルスン-概要】

1945年5月 韓国ソウル ソンイン製靴は創立6周年目の記念日を迎えた。ヨンファ(パク・ヒョンジョン)は、6年前 行方がわからなくなってしまった恋人のジェハ(チェ・チョロ)の事を忘れられずにいた。しかし母クンソン(ジョン・ヨンスク)は、もうヨンファがジェハを忘れてテソン(イム・ホ)と結婚することを願っている。ヨンファに想いを寄せていたテソンはクンソンが結婚を許してくれたので、大喜びするが…。

 


 

【花を咲かせろ!ダルスン-40話~42話】

 

◇花を咲かせろ!ダルスン-40話

ユンジェとダルスンが付き合っている事を知ったホンジュ。
しかし、自らもユンジェに惹かれている事に気付くのだった。
一方のテソンは、ダルスンがソンインの社員であることを知る。
チョン社長の言葉を信用して、ダルスンを援助する事を決める。
そんな中、ユンジェとダルスンはデートに出かける。
しかし、ダルスンはユンジェとの格差を実感してしまい、落ち込むのだった。

 

◇花を咲かせろ!ダルスン-41話

ダルスンを元気付けようとプレゼントを買いに行ったユンジェ。
戻ってくると、ダルスンはソンギとミリョンと話をしていた。
思わず陰に隠れるユンジェ。
一方のダルスンは、依然としてユンジェとの格差に思い悩んでいた。
そんな中、テソンの計らいによってダルスンはヨンファの元で働くことに。
この事態にホンジュは危機感を募らせるのだった。

スポンサーリンク



 

◇花を咲かせろ!ダルスン-42話

ダルスンを困らせようと、ダルスンとヨンファが制作した靴を燃やしたホンジュ。
しかし、その靴がウンソルの物だと知るが、後の祭りだった。
焦ったホンジュは、全てをダルスンの仕業に仕立て上げようとする。
まんまとホンジュの作戦に乗ってしまったヨンファ。
ダルスンに対して心を閉ざしてしまうのだった。
しかし、ダルスンの仕業に思えないテソン。
テソンは密かにホンジュを疑っていて・・・。

 

【花を咲かせろ!ダルスン-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事