韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~

部長
今回は爽やか天才棋士パク・ボゴムが恋のライバルと真剣勝負!? 韓国中で一大旋風を巻き起こした「応答せよ」シリーズの最新作!『恋のスケッチ~応答せよ1988~』をご紹介します!

副部長
笑って泣いて、胸キュン必至のハートフル・ラブコメディですね!

部長
全42話の構成になっています!

恋のスケッチ~応答せよ1988~-概要

部長
時は1988年。韓国で初めてオリンピックが開催されたこの年は、国中がお祭りムード一色だった。ソウルに住むドクソン(ヘリ)は、学校の成績よりもオシャレに興味津々な普通の女子高生。両親と姉、弟といっしょに暮らしている。ドクソンには、小さいころから兄弟のように育った4人の幼なじみ―サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、お調子者のドンリョン(イ・ドンフィ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)―たちがいた。ある日、友達からの一言がきっかけで、ドクソンは急にソヌのことを意識し始める。ところが、ソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンではなくドクソンの姉ボラだった…!一気に失恋し落胆するドクソン。そんな中、ジョンファンは、ドクソンのことが気になり始める。さらに、テクも彼女のことが好きだと宣言!ドクソン達をとりまく恋のバトルが始まるのだが…!?

恋のスケッチ~応答せよ1988~-相関図

韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~-25話

部長

イルファは初めての健康診断で、胸にしこりが発見され再検査をすることになり、ドンイルは不安がるイルファを明るく励ます。ソンギュンは、壊れた物を修理することで夫の威厳を示そうとするが、ことごとく失敗。一方、テクの父ムソンは、近所に泥棒が入ってもまったく動じず、横町の人たちに感心されるのだが…。

韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~-26話

副部長

大会に出場するため日本へ向かったテク。その日の夜、日本行きの飛行機が事故を起こしたとのニュースがテレビで流れ、食卓を囲んでいた横町の人々やムソンとソヌ一家は息を飲む。ムソンはテクの無事を確認するため、テクから教えてもらったホテルの連絡先のメモを見つけるが、水滴で文字がにじみ読むことが出来ない。

韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~-27話

部長

1989年3月、いよいよドクソンらは受験生としてスタートを切る。ソヌは働きに出るという母をすんなり許すが、そんなことよりも、母ソニョンに寄り添うムソンの存在を受け止められないでいた。一方ボラは、借金を完済した父ドンイルから、兼ねてからの夢だった司法試験の準備をするよう勧められる。

おすすめの記事