韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ-明成皇后-
あらすじ-91話~93話-キャスト

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-91話~93話-キャスト
明成皇后のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【明成皇后-概要】

明治維新を経験した日本、ヨーロッパ列強国、近代化に遅れた清に囲まれた19世紀の朝鮮。宮廷に一人の少女が嫁いできた。彼女は明成(ミョンソン)皇后。王に愛されない皇后は夜を読書で過ごし、生来の賢さと情報量で王を振り返らせる。やがて政治や外国との交渉に王をしのぐ力を揮い、舅・大院君との対立を深めていく。明成皇后を年代別にムン・グニョン→イ・ミヨン→チェ・ミョンギル、と三大女優が演じる。全124話の超大河時代劇!

 

【明成皇后-91話~93話】

 

◇明成皇后-91話

妙な夢をみて目を覚めた大院君は、寝汗をかいている。大院君の夢を聞いたチュウォリは、不吉な予感がするので寝所を変えるよう提案する。案の定、刺客一人が忍び込んで、大院君が横になっていたところに短刀を刺して逃げ去る。
結局犯人は逃げ、様々な噂が広まる中、最も説得力を持つのは閔氏一門の仕業であるという噂だった。
翌日宮廷に入った大院君、夜間に起きた刺客事件について話すために来たと思っていた人々の予想を反して、南延君のお墓参りに行くついでに全国各地を回ってみたいと言い出すのだった。 明成皇后と大臣たちは大院君が動き回ることによって、ただでさえ荒々しい民心がより険しくなるのではないか心配する。そんな杞憂は現実となり、大院君の到る所々で、民はもちろん一時大院君の抑圧の的となっていた学者たちでさえ大院君を歓迎するのであった。
明成皇后は大院君がしきりに野心を抱いているのは、世子に跡継ぎがいないからだと判断、世子の跡継ぎのために全力を尽くす。
一方、民心をつかんで凱旋将軍のように雲?宮に戻ってきた大院君の部屋に、またもや大院君の命を狙った爆弾が・・・

 

スポンサーリンク


◇明成皇后-92話

伊藤博文と井上馨は、清国との戦争も覚悟した上で、朝鮮での従主権を握ろうと努める。朝鮮征服こそが大陸進出への夢を叶える第一歩であったからだ。それで、朝鮮内で起きている東学農民運動を口実に、軍隊投入のチャンスを伺おうと情報網を朝鮮内に忍び込ませる。
その頃、政変の主動者であった金玉均が、上海で洪鍾宇に暗殺される事件が発生する。金玉均の遺体は直ちに仁川に運ばれ、遺体がバラバラに切断される極刑に処される。 一方、黄土?戦闘で官軍と行商人部隊を押し退けた東学生徒たちは、その勢いで全州にまで押し寄せ、ついに全州城占領に成功する。
それを聞いた大院君は、真夜中に入宮して、一日でも早く政治全般を刷新すべきであり、最優先の対象として王妃の政治不干渉を主張する。
大院君の話を聞いていた明成皇后は、父上だけが正しいわけではないし、父上だけが国を心配しているわけではないと言いながら涙をこぼすのだが・・・

スポンサーリンク


 

◇明成皇后-93話

清軍の出兵に関して意見がまちまちである中、袁世凱は朝鮮官軍が東学農民軍の乱を収められなかったときだけ活動し、朝鮮内政には絶対介入しないと約束する。
しかし、清軍の出兵で日本軍まで朝鮮に入ってくることを心配する声に、袁世凱は日本軍が朝鮮の領土に足を踏み入れることは即ち清国との戦争を意味することであり、日本がそんな無謀な真似をするはずがないと強い自信を示す。 全州城で対置していた東学農民軍と招討使(乱が発生した地方に臨時派遣された武官)洪啓薫は清軍と日本軍が朝鮮に足を踏み入れた以上、彼らをこの国に留まらせる口実を与えるにはいかないと主張し、劇的に妥協を実現する。
これで東学農民軍は自ら解散することに。
しかし、この時にはすでに日本軍艦2隻が仁川に向かって進入し、日本軍は早くも都城にまで押し寄せて景福宮に無断侵入していたのだが・・・

スポンサーリンク


 

【明成皇后-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク