韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ-明成皇后-
あらすじ-100話~102話-キャスト

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-100話~102話-キャスト
明成皇后のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【明成皇后-概要】

明治維新を経験した日本、ヨーロッパ列強国、近代化に遅れた清に囲まれた19世紀の朝鮮。宮廷に一人の少女が嫁いできた。彼女は明成(ミョンソン)皇后。王に愛されない皇后は夜を読書で過ごし、生来の賢さと情報量で王を振り返らせる。やがて政治や外国との交渉に王をしのぐ力を揮い、舅・大院君との対立を深めていく。明成皇后を年代別にムン・グニョン→イ・ミヨン→チェ・ミョンギル、と三大女優が演じる。全124話の超大河時代劇!

 

【明成皇后-100話~102話】

 

◇明成皇后-100話

世子が他の女と夜を一緒にすることに不満を抱き、世子妃が泣いていると思って怒鳴った明成皇后は、世子妃が父親である閔台鎬の命日が明日に迫っているにもかかわらず、閔泳翊は海外に追い出され、祭祀を営んでくれる者がだれ一人いないことに悲しんでいたことを知って、心を苦しむ。
日本が、李?鎔を前出しにし、自分と明成皇后の仲を悪くさせようとしたことに気づいた大院君は、岡本を呼び寄せて警告する。
すると岡本は、日本が平壌で清軍を退けた時に奪い取った物の中で見つけた清国に助力を求める大院君の手紙を見せながら、それとなく脅かす。
世子妃の事情を知った府大夫人閔氏は、雲?宮で閔台鎬の法事を行うことを許す。最初は反対していた大院君も明成皇后の立場を考え、閔台鎬の祭祀膳にお酒を捧げる。これを知った明成皇后は、大院君に感謝の気持ちを抱く。
こうやって明成皇后と大院君が相変わらず力を合わせ続ける。
これをみて日本は、清軍に送った大院君の手紙を利用して、ついに大院君を追い出そうと・・・

 

スポンサーリンク


◇明成皇后-101話

高宗に西洋式服装や髪型を勧める岡本。明成皇后は世子に殿下の屈辱を必ず晴らしてくれるよう念を押す。
日清戦争の勝利が徐々に日本側に傾いていくにつれ、井上公使は高宗を廃位させて李?鎔を王座に就かせようと露骨に動き出す。
そして、簡単に応じると思って大院君にも決断を急かすが、大院君はむしろ激しく怒り出すのであった。
井上と岡本は大院君を雲?宮に位牌させた後、李?鎔を即位させ、その責任を大院君に負わせようと再び軍隊に宮廷を占領させる。
その時、
大院君が宮廷に向かっていると知らされる。井上は大院君が結局欲を捨てきれず、自分たちの計画通りに動いていると喜ぶ。
しかし、大院君は白装束で入宮し・・・

スポンサーリンク


 

◇明成皇后-102話

入宮した大院君は、人々の予想に反して、自ら平民の身分になって従軍する意を明かす。そして、李?鎔を大逆罪人として裁いてほしいと書いた上書まで差し出す。そして、もし自分の意が受け入れてもらえない場合、土下座して許して求めたいという。
大院君の行動に嬉しく思う気持ちもあるが、戸惑いを隠せない高宗。明成皇后は大院君が大決心をしたので、その意に従いなさいと助言しながら、大院君に心から感謝する。
ついに大殿の前で大院君が土下座して許しを求めると、朝廷の重臣たちもともに土下座をし始める。
大院君の予期せぬ行動、そして民心の動揺を心配した井上はやむなく宮廷から軍隊を退去させる。
大院君は高宗と明成皇后に後始末を任し、しっかりしてくれるよう頼んでから雲?宮に戻る。これで後は李?鎔の処分だけが残された。大院君
は明成皇后が李?鎔の命だけは助けてくれると信じ、李?鎔には一生雲?宮を監獄として生きて行きなさいと忠告する。
だが、明成皇后は李?鎔を生かしておくと、またいつかは同じような問題が生じ得るので、李?鎔をこのまま生かして置くにはいかないと言い出し・・・

スポンサーリンク


 

【明成皇后-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク