韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-幸せをくれる人-あらすじ-感想

スポンサーリンク



韓国ドラマ-幸せをくれる人-
あらすじ-7話~9話-感想

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-幸せをくれる人-あらすじ-7話~9話-感想
幸せをくれる人のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【幸せをくれる人-概要】

ヒロインのイム・ウンヒは家族と離れ離れになり、孤児院出身で自身も天涯孤独だと思ってきた。
成長したウンヒは特別なとりえもなく普通の生活を送っていたが、明るさと優しさで周囲の人々を支えるそんな存在だった。
ある日出会った赤ん坊に運命を感じ、実の子どもとして母の手一つで懸命に育てる。
その子どもにイム・ハユンと名づける。ハユンは子役として成功していくのだが、その姿を見た実の母が名乗り出て来るとハユンを取り返そうとするのだった…。


 

【幸せをくれる人-7話~9話】

 

◇幸せをくれる人-7話

女優業を再開したジャギョンだが、何かとトラブルを起こして上手くいかない日々を送っていた。

一方、ウンヒは赤ん坊の献身に行くと、医師から心臓に疾患がある可能性を告げられる。

この時、妹のウナを失った記憶が蘇り、酷く動揺するウンヒは決してこの子の命を失わせはしないと必死で対応するのだった。

病院で夜通し赤ん坊を見守るウンヒは、その子にハユンという名を与える。
そばに居たゴヌもピッタリな名前だと二人で喜びを分かち合うのだった。

 

スポンサーリンク


◇幸せをくれる人-8話

ウンヒはハユンを自分の子として戸籍を登録する。
こうして正式に自分の家族となったハユンの名を見て、喜びを噛み締めるウンヒだった。

時は経ち、成長したハユンは優しくて素直な少年へと成長した。
ウンヒはハユンと日常に幸せを噛み締めて、大切にハユンとの時間を過ごしていた。

それは失くした妹への想いと重なるものでもあった。

スポンサーリンク


 

◇幸せをくれる人-9話

ある日、ハユンはゴヌにお父さんなのかと尋ねる。
ずっとウンヒの側で見守っていたから、ゴヌがお父さんに見えるのは当然だった。

唐突な言葉に驚くゴヌは、ハユンの天使のようなかわいらしさに胸を鷲掴みされる思いだった。

ハユンは次第に子役として出演する機会を得るようになり、ウンヒと一緒にちょっとした遊び感覚で出向いていたが、ハユンの役者としての才能は周囲の目に留まるようになっていた。

スポンサーリンク


 

【幸せをくれる人-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク