韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-幸せをくれる人-あらすじ-感想

スポンサーリンク



韓国ドラマ-幸せをくれる人-
あらすじ-112話~114話-感想

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-幸せをくれる人-あらすじ-112話~114話-感想
幸せをくれる人のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【幸せをくれる人-概要】

ヒロインのイム・ウンヒは家族と離れ離れになり、孤児院出身で自身も天涯孤独だと思ってきた。
成長したウンヒは特別なとりえもなく普通の生活を送っていたが、明るさと優しさで周囲の人々を支えるそんな存在だった。
ある日出会った赤ん坊に運命を感じ、実の子どもとして母の手一つで懸命に育てる。
その子どもにイム・ハユンと名づける。ハユンは子役として成功していくのだが、その姿を見た実の母が名乗り出て来るとハユンを取り返そうとするのだった…。


 

【幸せをくれる人-112話~114話】

 

◇幸せをくれる人-112話

ボクエの痴呆は日に日に進行していた。
ジャギョンはボクエの言動についてくことが出来ず動揺する。
一方で、ソクジンと再び心を通わせ始めたジャギョンは、落ち込むソクジンを支えハユンとの関係をドウにしか進展させたいと考えていた。
そんな中、ヒョングンに行為を寄せるジャギョンの母ホン・セラ。
そんなセラを見てミョンソンは少々困った気持になる。
ソクジンとジャギョンはハユンの様子を伺うために、こっそり後をつけるのだが警察に不審者と思われてしまい、ウンヒにも事情を説明しなければならない状況…。

 

スポンサーリンク


◇幸せをくれる人-113話

ジャギョンはソクジンの元で彼を支えようとするが、セラは絶対にそんなことは許さないと行くことを拒む。
困ったジャギョンはセラの説得に動くのだが…。
ハユンはジャギョンに言われた言葉に動揺していた。
ウンヒはハユンの不安を取り除こうとするが…。
セラはジャギョンが心配でソクジンの家に向かうが、そこにいたボクエの変わってしまった姿に衝撃を受ける。

スポンサーリンク


 

◇幸せをくれる人-114話

酷い痴呆と幻覚症状にさいなまれるボクエ。
ボクエを心配で追ってきたソクジンの姿をゴヌと見間違えたしまったボクエは、ソクジンを突き飛ばしてしまう。倒れたソクジンは頭を打ってしまい意識を失う。
そこに駆けつけたジャギョンとゴヌたちはボクエの病状の悪化に呆然としてしまう。

緊急搬送されるソクジン。
ウンヒたちも知らせを受けて病院へ駆けつけるが、ボクエは全てはウンヒのせいだと激しく責め立てる。
ショックを受けたゴヌは寝込んでしまう。
一方、ソジョンはボクエの度重なる言動に怒りを露わにするのだった。
ジャギョンを心配するセラはボクエの家にやって来て、ジャギョンとミスクたちとボクエを施設へ送ることを真剣に話し出すのだった…。

スポンサーリンク


 

【幸せをくれる人-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク