韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-幸せをくれる人-あらすじ-感想

スポンサーリンク



韓国ドラマ-幸せをくれる人-
あらすじ-34話~36話-感想

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-幸せをくれる人-あらすじ-34話~36話-感想
幸せをくれる人のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【幸せをくれる人-概要】

ヒロインのイム・ウンヒは家族と離れ離れになり、孤児院出身で自身も天涯孤独だと思ってきた。
成長したウンヒは特別なとりえもなく普通の生活を送っていたが、明るさと優しさで周囲の人々を支えるそんな存在だった。
ある日出会った赤ん坊に運命を感じ、実の子どもとして母の手一つで懸命に育てる。
その子どもにイム・ハユンと名づける。ハユンは子役として成功していくのだが、その姿を見た実の母が名乗り出て来るとハユンを取り返そうとするのだった…。


 

【幸せをくれる人-34話~36話】

 

◇幸せをくれる人-34話

ウンヒもハユンを守るためにボクエに歩み寄る。

ボクエはソクジンに目を覚ましなさいと叱るのだが、ソクジンはギョンジョンに入れ込んでいく。

ウンヒは直接ソクジンになんてひどいことをするのだと責めるが、ソクジンはすまないと言うが、ウンヒは謝って済むことじゃないと反論する。

手をこまねいたソクジンは警察に通報する形で、ウンヒを誘拐犯の扱う。
警察のウンヒに誘拐容疑があるとして対しようとする。

ソクジンはハユンを連れて去っていくのだった。
あまりにひどいやり方に、ウンヒは泣き崩れる。

友人たちもウンヒの危機に立ち上がるのだが…。

 

スポンサーリンク


◇幸せをくれる人-35話

ウンヒはなぜ私が誘拐犯なんだ、私がハユンの母親なのに悔しさと悲しさで泣き崩れる。
ゴヌはウンヒの悲しみを受け止めて、そして裁判できちんと決着を付けようと話す。

一方、ハユンはソクジンとジャギョンの元で、私たちが本当の両親だと言って言い聞かすが、ハユンはウンヒに会いたいと泣いてしまう。

ハユンの気持ちを何とか自分たちに向けさせようと、二人は苦心するのだった。

ウンヒはメディアからも事実関係を取材され困惑していた。

スポンサーリンク


 

◇幸せをくれる人-36話

ウンヒはボクエからも見放されてしまう。

ボクエはハユンとの関係を絶たない為にはソクジンの気持ちを尊重して、ジャギョンとの関係を認める子tが最善だと考えるのだった。

ボクエの裏切りにウンヒは崖っぷちにまで追い込まれたような気持になるのだった。
そんな中、ゴヌはハユンを取り戻すための方策に追われていた。

ウンヒは会えなくなったハユンと接触する機会を作ろうと、手を捜すのだが…。

スポンサーリンク


 

【幸せをくれる人-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク