韓国ドラマ-オクニョ

部長
今回は「宮廷女官 チャングムの誓い」「トンイ」のイ・ビョンフン監督が描いた、見どころ満載の話題作『オクニョ』をご紹介します!

副部長
チン・セヨン演じるオクニョが数々の困難に立ち向かい、愛と人生を取り戻す波乱の物語ですね!

部長
全51話の構成になっています!

オクニョ-概要

部長
16世紀半ばの朝鮮王朝時代。
刺客に襲われた妊婦が監獄に逃げ込み、女児を出産後に命を落とす。
その子はオクニョと名付けられ、監獄で育てられた。
少女には天賦の才能が秘められていた。
母について真実を知りたいという強い思いでオクニョは囚人たちから法や易経などの知識や明の言葉を貪欲に学び次々と身に着けていくのだった。
成長したオクニョは母の死の謎を追う。
その途中で国を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。
強大な権力に立ち向かうオクニョ。
3人の男性との出会いがオクニョの運命を大きく変えることになる!

オクニョ-相関図

韓国ドラマ-オクニョ-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-オクニョ-7話

部長

オクニョは諜報員になったばっかりで、いきなり過酷な任務を背負わされました。それはミンの特使を消すというものでしたが、新米のオクニョンには厳しいハードルです。しかしオクニョンはこの厳しい課題を与えられたことによって、大きく成長していきます。彼女はテスから諜報員をやめろと忠告されていましたが、そのテスからも認められるようになります。
それどころからテスはオクニョのことを信頼するようになり、彼女にある仕事を任せようとします。オクニョはその任務も受け入れて、必死にこなそうとします。一方、オクニョにはまだまだ未熟なところがありました。諜報員は自分の素性や姿を隠して行動しなければなりませんでしたが・・。オクニョは自分を隠すのが下手なため、簡単にバレてしまうのです。
特にテウォンから身を隠すのは至難の業でした。オクニョは厳重に覆面まで被っていましたが、それにも関わらずテウォンにバレてしまいます。テウォンはオクニョが諜報員をしていたことに驚きますが、それ以上にオクニョも驚きます。テウォンにバレてしまったこともそうですが、自分の未熟さにもショックを受けていました。オクニョはテウォンを殺すつもりはありませんでしたが、襲ってきたのでやむなく戦います。
一方、武芸の達人・テスは、王后の指示を受けて明の使節団を攻撃します。テスの作戦は完璧でしたが・・しかしテウォンがその前に立ちはだかります。そしてテウォンが大きな壁となり、明の使節団をテスから守ります。テスは襲撃を阻止されて悔しがりますが、テウォンの強さには感心するのでした。これはテスにとって本心でしたが、同時に彼が見せた余裕でもありました。
テウォンはテスの襲撃を阻止して満足していましたが、彼はテスの本当の実力を知りませんでした。やがて、テスが統率する武装集団による二度目の襲撃が始まりました。そしてその襲撃でついに、テスはミンの特使の命を奪いました。このときテウォンは厳重な警戒態勢をしいていましたが、テスはそれをかいくぐって暗殺したのです。見事にやられてしまった・・なんてことだ・・とテウォン。
そのテウォンとオクニョが再会を果たしたのは、まさにこの二度目の襲撃のときでした。テウォンは特使を守るため無我夢中でオクニョとやり合っていましたが・・。その最中にオクニョが身につけていた覆面を剥ぎ取ったのです。するとそこに・・オクニョの顔が現れるではありませんか…。

韓国ドラマ-オクニョ-8話

副部長

テスの武術の腕前は、やはり一流と呼ぶべきものでした。彼は典獄署で囚人として暮らしていましたが、長いブランクがあるにも関わらず・・。突然に言い渡された任務をもろともせず、あっという間にミンの特使を抹殺して見せたのです。その働きぶりは黒幕のウォンヒョンを驚かせますが、でもこれでテスが優遇されるわけではありません。それどころか・・テスはウォンヒョンから命を狙われる羽目になります。
なぜテスを雇ったウォンヒョンがテスを殺すのか・・その理由はとても簡単です。明の特使がこの世を去った今、もはやテスに任せられる仕事はないからです。それどころか、テスにいられるとウォンヒョンにとっては不都合があります。もしかしたらどこかでテスが、自分が明の特使をやったと話してしまう恐れがあります。そうなったらウォンヒョンが仕組んだ陰謀がバレるかもしれません・・。
ウォンヒョンはその辺りを恐れて、テスを始末することにしたのです。テスにはもう何も用はない・・早いうちに葬り去っておけ!ウォンヒョンは捕盗庁のソンホに命じてテスを始末させようとします。いつも冷静なソンホでしたが、さすがにこの命令に対しては戸惑いを覚えます。立派に任務を果たしてくれたテスを、用済みだからといって排除するのはさすがに・・と。
しかし、ソンホの部下には自分の功を焦る者もいました。そのうちの一人が勝手に行動し、剣を手にテスに襲いかかります。不意を衝かれたテスはどうすることもできず、剣で刺し抜かれてしまいます。ソンホは部下の素早い行動に驚きますが、同時にテスに同情します。この男を雇ったのがウォンヒョンでなければ、テスは亡くならずにすんだだろう・・と。
一方、テスは瀕死の状態で最後の言葉をオクニョに伝えます。捕盗庁を裏でコントロールし牛耳っているのは、高官のウォンヒョンだと。そして、お前は諜報員として活動しながらどうか私の孫を見つけ出してほしい・・と。こうしてテスは最後の力も尽きて絶命しますが、ムンジョン王后は彼の死に不信感を抱いていました。
任務に関わったものはテス以外にもいたはずなのに、なぜテスだけが死ななければならないのか?と。ウォンヒョンは王后が疑念を抱き始めたことに気づき、今度はオクニョを標的にします!任務を与えられた者たちがことごとく死んでいけば、さすがの王后も疑わないだろうと考えて・・。こうしてオクニョはウォンヒョンによって、濡れ衣を着せられてしまうのでした…。

韓国ドラマ-オクニョ-9話

部長

ウォンヒョンはムンジョン王后が抱く疑念を解消するため、オクニョを捕らえさせます。特使暗殺に関わったのはテス以外にもいるのに、なぜテスだけが抹殺されるのか。ムンジョン王后はこうした疑問を持っていたのです。そこでウォンヒョンはオクニョを投獄することによって、その疑念を晴らそうとしたのです。
こうしてまたしてもオクニョンは災難を被ることになりました。諜報員としては真っ当な仕事をした彼女でしたが、彼女たちを雇ったボスが悪辣だったのです。牢獄に放り込まれたオクニョは、そこでチュンスと出会います。チュンスは事件の真相に興味をもち、オクニョからあれこれ聞き出そうとします。特にしつこく聞き出そうとしたのは、テスの死の真相です。
テスは忠実な刺客だったのに、なぜ殺される羽目になったんだ?と。こう質問されたオクニョはテスの死に際の言葉を思い出していました。事件の黒幕は高官のウォンヒョンだ・・これを覚えておけ・・とテスは遺言のように話しました。この言葉を聞いて以来、オクニョはずっとウォンヒョンのことを考えていました。
そしてテスが死に至った原因についても、ウォンヒョンにあると確信していました。しかしそれでもオクニョは、チュンスの質問に対しては一切口を開きませんでした。もし自分何かを話したら諜報員としては三流になる・・オクニョはそのことを自覚していました。さらにオクニョは、テスが残したもう一つの言葉を思い出していました。
それは・・俺の孫がどこかにいるから見つけ出してくれ・・というものです。オクニョはテスのこの最後の頼みを聞くため、秘かに聞きこみを開始します。牢獄にはたまたまチョンドゥンという盗人がいたため、オクニョは彼に話を聞きます。テスの孫は今どこにいるのか・・居場所が分かったらぜひ自分に教えてほしい!と。
それに対してチョンドゥンは、自分が持っている指輪をオクニョに見せます。オクニョはその指輪を見て驚愕します。なぜなら・・その指輪は自分が母の形見として持っている指輪と同じだったからです!なぜ同じ物をチョンドゥンが持っているのか・・とオクニョは思わず絶句するのでした。
その頃、テウォンはウォンヒョンの信じがたい話を耳にします。ウォンヒョンはテスに続いてオクニョまで殺そうとしていると・・。このままだとオクニョまで葬り去られてしまう!大変だ!助けなければ!こうしてテウォンはウォンヒョンの思惑を阻止するため、オクニョンのところに向かいます…。

おすすめの記事