韓国ドラマ-チャンヨンシル-あらすじ-ネタバレ

韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-チャンヨンシル-あらすじ-ネタバレ

スポンサーリンク



韓国ドラマ-チャンヨンシル
-あらすじ-22話~24話(最終回)-ネタバレ

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-チャンヨンシル-あらすじ-22話~24話(最終回)-ネタバレ
チャンヨンシルのあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【チャンヨンシル-概要】

朝鮮第3代国王太宗(テジョン)の時代。奴婢(ヌヒ)として、母と二人で貧しい暮らしをしていた少年ウンボク。
ある日、科学者として有名な父親ソンフィからチャン・ヨンシルという名前と天体の知識を授けられる。その後も、奴婢として厳しい仕事や差別に苦しみながら、ヨンシルは父親の影響で始めた星の観察だけを生きがいに過ごしてきた。だが期せずして、役人に科学の才能を見出され、天文観測を行う書雲観(ソウングァン)で働くことになる。
やがて、後の第4代国王世宗(セジョン)と出会い、人生が大きく変わったチャン・ヨンシルの科学者への道が始まる――!

 
https://youtu.be/59mfIe9Q2Bo
 

【チャンヨンシル-22話~24話(最終回)】

 

◇チャンヨンシル-22話

ヒジェが死んだことでヨンシルは落ち込んでいましたが・・。彼の意志を無駄にしてはならないと、再び気持ちを取り戻します。そして努力に努力を重ねて、また新たな自動水時計を作り上げたのです。すでにヒジェは実績と名声を得ていましたが、今回の作品はそれらを上回るほどの評判を呼びます。一方、臣下の多くは儒教を重んじていたので、ヨンシルの存在が気に入りません。

彼らにとってヨンシルは国家のために豊かさをもたらしてるのではなく・・。単に下克上を実践しているだけだと映ったのです。上下関係を重視する儒教の精神に反することをしている・・!と。ヨンシルはまったく気づいていませんでしたが、臣下たちはヨンシルを叩くべきだと考え始めます。一方、世宗を監視していたグァンは、王のある行動に危機感を抱きます。

それは、朝鮮独自の文字を完成し普及させようとしていたことです。そんなことをさせてはならない!と、グァンは世宗を思い留まらせようとします。さらにグァンは世宗とヨンシルを引き裂くため、ヨンシルの弟子の一人を買収します。一方、ヨンシルが作った新しい自動水時計のことが、ついに明の皇帝に知られてしまいます…。

 

スポンサーリンク


◇チャンヨンシル-23話

ヨンシルが作った水時計は、国家と民衆を豊かにする素晴らしい発明でした。ところが、明からやって来た使節団にとっては脅威としか映りませんでした。このような高度なものを作るとは・・朝鮮は明を脅かす存在になるやもしれん・・と。こうしてヨンシルは、自分が作った素晴らしい作品のために命を狙われる羽目になります。宦官のボンは早いうちに始末したほうがいいと考え、ヨンシルを呼び出します。

そしてある取引を持ちかけ、それを拒否したら即処刑することにしました。その取引とは・・命を助ける代わりに明の皇帝に仕えることです。これを受け入れるなら命は助けるし、研究もこれまで通り行っていいとボンは言います。しかしこれに対してヨンシルは、きっぱりと断るのでした。自分は朝鮮に生まれた人間です・・だからこれからも朝鮮のために働きます・・と。

ソヒョンはヨンシルが処刑されることを恐れ、この場はひとまずボンの要求を聞いてはどうかと提案します。しかし、それでもヨンシルの意志は変わりませんでした。自分は何があっても朝鮮を離れることはない・・明の皇帝に仕えることもない!と。結局、ヨンシルは朝鮮に残ることが許され、処刑されることもありませんでした。しかしそれからほどなくして、また新たな事件が発生します…。

スポンサーリンク


 

◇チャンヨンシル-24話(最終回)

自然科学より迷信や占いを重んじる重臣たちは、ヨンシルが邪魔で仕方ありません。そして何か理由をつけて彼を排除しようとしますが、世宗はヨンシルをもっと重用しようとします。ヨンシルの技術に未来への可能性を託し、あらゆる面でサポートしたいと思っていたのです。ところがそうした中、ヨンシルはある決断をします。

それは・・世宗のもとから離れるということです。そして宮中で科学の力が大きくならないようにしようとしました。その心はただ一つ、国家が分裂をさせないためです。王である世宗と重臣との間の溝が深まれば、間違いなく国が滅んでしまう・・。

ヨンシルはそれだけはどうしても避けたかったのです。そこで彼は、自分は世宗に謀反を企てたと言って、自分を裁くよう世宗に訴えます。しかしそれに対して世宗は、そんなことはできないと却下します。そして引き続きヨンシルを救う手立てを考え続けるのでした。

一方、重臣たちは反ヨンシル、反科学の声を高めていきます。ヨンシルと彼の科学は国を危うくさせる!そんなものは排除するべきだ!と。彼らはただちにヨンシルを処刑して、ヨンシルが残した功績も抹消したほうがいいと主張します。そして追いつめられた世宗はついに決断を下し、ヨンシルを杖刑に処します。その代わり、ヨンシルが築いた技術と科学技術の記録は保全するよう命じます。

彼が残したものは・・唯の一つも廃棄してはならない!と。こうしてヨンシルは処罰されますが、彼が痕跡は歴史に残ることとなりました。一方、粛々と杖刑が執行され、ヨンシルは倒れて意識を失います。何日も昏睡状態に置かれる中、親友のソックやソヒョンたちが彼を見守りました。

ヨンシルの才能を見出したチョンも駆けつけ、不安な面持ちでヨンシルの顔を見ています。思えば・・全てこの私が悪いのかもしれない・・。彼のもつ特異な才能に惚れ込み、無理やり都に連れてくるようなことをしなければ・・と。しかし、チョンは気づいていませんでしたが、ヨンシルは心の底からチョンに感謝していました。

なぜなら、奴婢だった自分をつまみ上げてくれたのは、チョンだったからです。ソックも親友として何もしてやれなかった自分を悔いていますが・・。彼もまたヨンシルの思いに気づいていませんでした。ヨンシルはソックにも深い尊敬の念と感謝の気持ちを抱いていたのです。素晴らしい人たちに囲まれて自分は本当に幸せだった!それが偽らざるヨンシルの気持ちだったのです…。END

スポンサーリンク


 

【チャンヨンシル-その他のあらすじ】

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク