韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-チャンヨンシル-あらすじ-ネタバレ

スポンサーリンク



韓国ドラマ-チャンヨンシル
-あらすじ-1話~3話-ネタバレ

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-チャンヨンシル-あらすじ-1話~3話-ネタバレ
チャンヨンシルのあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【チャンヨンシル-概要】

朝鮮第3代国王太宗(テジョン)の時代。奴婢(ヌヒ)として、母と二人で貧しい暮らしをしていた少年ウンボク。
ある日、科学者として有名な父親ソンフィからチャン・ヨンシルという名前と天体の知識を授けられる。その後も、奴婢として厳しい仕事や差別に苦しみながら、ヨンシルは父親の影響で始めた星の観察だけを生きがいに過ごしてきた。だが期せずして、役人に科学の才能を見出され、天文観測を行う書雲観(ソウングァン)で働くことになる。
やがて、後の第4代国王世宗(セジョン)と出会い、人生が大きく変わったチャン・ヨンシルの科学者への道が始まる――!

 


 

【チャンヨンシル-1話~3話】

 

◇チャンヨンシル-1話

妓生の息子ウンボクは、父親を知らずに育った。
しかしチャン家の祭祀に出席したウンボクは、そこで父に会う。
父からチャン・ヨンシルという名を与えられた。
一方漢陽では、災いを引き起こすと恐れられていた、日蝕が近づいていた。
太宗は災いが起こらないように、儀式を準備していたのだが…。

 

スポンサーリンク


◇チャンヨンシル-2話

儀式は失敗に終わり、太宗は書雲観たちに失望する。
太宗は、チャン・ソンフィが予測した日にもう一度儀式が行うことにする。
その頃、ヨンシルは官奴として働いていた。
密かに天文を研究していたヨンシルは、ソンフィの予想に疑問を抱くようになり…。

スポンサーリンク


 

◇チャンヨンシル-3話

ヨンシルは、明に行こうと必死だった。
一方、臣下たちはまだ子どもの忠寧(世宗)を陥れようとしていた。
忠寧の言葉を曲げて太宗に伝えてしまう。
そのせいで、忠寧と太宗の関係は徐々に悪くなっていくのだが…。

スポンサーリンク


 

【チャンヨンシル-その他のあらすじ】

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク