韓国ドラマ-愛はポロポロ-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ部

韓国ドラマ-愛はポロポロ

部長
今回はイルイルドラマの貴公子、カン・ウンタク主演『愛はポロポロ』をご紹介します!

副部長
恋人を亡くした女性、その恋人の心臓を移植した男性が繰り広げるロマンティックラブコメディですね!

部長
全120話の構成になっています!

愛はポロポロ-概要

部長
市場の卸売りで生計を立てているパンウル(ワン・ジヘ)は明るく世話好きな性格で周囲から愛されていました!
ある日突然彼女に悲劇が訪れます。
父をひき逃げ事故で失い、結婚直前だった恋人のドンジュン(カン・ドンホ)まで亡くなってしまうのです(涙)
ドンジュンとの間に子供を身ごもっていたパンウルは一人で出産し、シングルマザーに!
そして月日が過ぎ6年後、パンウルは持ち前のたくましさで子供を育てながら、大手食品会社で本部長のウヒョク(カン・ウンタク)の下で働くことになる。
正反対の性格からぶつかり合う2人!
パンウルは何故かウヒョクがドンジュンに見える錯覚に陥っていく。
実は6年前に心臓病を患ったウヒョクはドンジュンの心臓移植を受けていた!

愛はポロポロ-相関図

韓国ドラマ-愛はポロポロ-相関図

韓国ドラマ-愛はポロポロ-109話

部長

ひき逃げ犯であることをサンチョルに知られたチェリン。
そんなチェリンの頭に自首をする考えがよぎる。
しかしヨンソクはチェリンの自首を食い止めようとする。
一方、ウヒョクはチェリンを疑い始める。
チェリンは本当に記憶喪失なのか、と…。

韓国ドラマ-愛はポロポロ-110話

副部長

サンチョルは警察所で取り調べを受けていた。
なんとひき逃げ事故の濡れ衣を着せられたのだ。
チェリンに自首するように頼むパンウル。
しかし、チェリンはパンウルを全く相手にしない。
その頃、ウヒョクはサンチョルを疑っていた。
サンチョルの話すことが到底真実とは思えないウヒョクは…。

韓国ドラマ-愛はポロポロ-111話

部長

無実を証明しようとするサンチョル。
そのための証拠を集めようとするも、指名手配されてしまう。
サンチョルを心配するパンウル。
一方、ウヒョクは未だサンチョルを疑っていた。
パンウルは、そんなウヒョクに疑心を抱く。
その頃、チェリンはウヒョクが発した言葉に驚いていた。
ウヒョクはチェリンとサンチョルが元恋人だったことを知っていたようで…。

おすすめの記事