韓国ドラマ-それでも青い日に-あらすじ-最終回

韓国ドラマ-それでも青い日に-あらすじ-最終回

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-それでも青い日に-あらすじ-52話~54話-最終回
それでも青い日にのあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【それでも青い日に-概要】

尚州の旧家イ・サングの屋敷で、同じ日に2人の女の赤ちゃんが誕生した。1人は本妻ミョンジュの娘、もう1人は愛人エシムの娘として。愛人の娘であるわが子の人生を案じたエシムは、本家の娘とのすり替えを計画するが、本家の乳母に見咎められ・・・。
それから数年。2人はジョンヒとヨンヒと名付けられ成長していった。エシムは何かにつけ本家の娘ジョンヒをかわいがり、自分の娘ヨンヒのことは叱ってばかりいた。ところがある日、エシムがイ・サングを騙して財産を持ち逃げし、同時に本家の娘ジョンヒも連れ去ってしまうという事件が起きる。取り残されたヨンヒは、イ家の平穏を壊し、すべてを奪った愛人の娘として不遇な思いをしながらも、没落した家族のために健気に頑張りながら成長していく。
その後、故郷を離れソウルに出たヨンヒは、いつか家族のため成功することを夢見て明るく働き、また名家の息子イノと、優しい兄のような存在の幼馴染ドンスとの間で心が揺れ動く三角関係の恋も経験する。
行方不明になったもう一人の娘・ジョンヒの運命は?ヨンヒは自分を見捨てた母に再び巡りあうことができるのか?

 

 

【それでも青い日に-52話~54話】

 

◇それでも青い日に-52話

イノの家に連れて来たアンソンに飲ませようとトマトジュースに薬を入れたウナで。
ヨンヒの胸のホクロが話すあったと聞き、慌てて捨てるが安心したウナは、また悪態をつきアンソンを怒らせる。
ヨンジョンは、ドンスが出て行くのを止めなさい!とヨンヒに話すがまた気分が悪くなり。
そして、あなたが出て行くとわかってからヨンヒがご飯を食べれず、体調を崩してるとヨンジョンが話す。
散歩をしてもう引っ越しはしない!昔のように兄と妹の関係に戻ると告げるドンスで…。

一方、手術をしたイノは、納得のいく容態ではなく再手術をすることになる。
ドンス達に容態を聞かれたソクボクは、容態が安定していないから、しばらくかかるとだけ答える。
そんな時、ライバル会社がジンジュ化粧品が開発した化粧品と同じ物を発表すると、やっぱり横流しがあったと言うドッキで。
疑われたミジョンは、私は使い切って捨てた!と否定するが少し会社を休んで!とヨンテクが命じて…。
ミジョンが帰って来た事情を聞いたヨンヒは、ドッキに妹に手を出すな!と言ったでしょう!あなた達二人を破滅させてやる!と怒る。
家では化粧品のビンを探すミジョンだったが、姉の部屋で幼い日のヨンヒとエシムの写真を見て…。

 

◇それでも青い日に-53話

写真を持ってドッキ(エシム)に会ったミジョンだったが、誰よ?と写真を破こうとする。
証拠を消そうと言うの?と言うミジョンに、サンプルの流出でいくら損をしたと思ってるの?と濡れ衣を着せ。
ヨンヒは、今は、母親の治療費を払ってもらうのが先決だから、彼女を刺激しないで!と命じて…。
そんな時、ミジョンにバラしたと怒るドッキは、私を怒らせたら母親も妹も命がない!と脅す。

家に帰るとミジョンは、あの女が苦しむべきなのに、こっちが我慢するなんて悔しい!と言って。
弟にあの家族を一発で黙らせる方法がないかしら?と言うドッキは、頭痛がすると言うが、マンスも映画の作成がうまくいってなくて頭が痛い!と…。
一方、帰国したイノは、車椅子で戻ると家族は、心を痛めるが、ウナは、献身的に世話をして…。
そんな時、突然、警察がやって来て、新製品流出の件で話が聞きたいと連行されるミジョンで…。

スポンサーリンク



 

◇それでも青い日に-54話

心配する家族にヨンジョンが、ミジョンだけではなくて皆調査の対象になってると説明するが。
取り調べが始まると、証人だとやって来た女性は、ミジョンに商品と引き換えにお金を渡したと証言して。
警察署の前でヨンヒと会ったドッキは、私は、妹を詐欺師にも前科者にもできる!と脅す。
その女がマンスの子分の恋人だと知っていたソクボクは、事務所に行くが俺は、何も知らない!と怒って…。

ミジョンは、ライバル会社と接触する術も知らないし相手が雑用係に接触するのもおかしい!とヨンテクに話すソクボクで。
そして、マンスの子分の女だから母さんの弟が関わってるのでは?と….。
とうとうヨンヒに会ったイノは、別れよう!と言うが、ヨンヒは歩けなくても関係ない!と言い….。

 

【それでも青い日に-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事