韓国ドラマ-華政(ファジョン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-華政(ファジョン)-あらすじ-相関図

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-華政(ファジョン)-あらすじ-16話~18話-相関図
華政(ファジョン)のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【華政(ファジョン)-概要】

時は1608年。朝鮮第14代王・宣祖の次男、光海君は嫡子ではないという理由で16年もの間、明に正式な世子と認められず、父からも冷遇されている。光海君の心を癒してくれるのは、幼い異母妹の貞明公主だけだった。そんな中、宣祖が崩御。次期王の擁立をめぐり、朝廷はにわかに慌ただしくなる。骨肉の争いを望まない光海君は、永昌大君と貞明公主を守ると仁穆大妃に誓い、15代王に即位。しかしその後、永昌大君は無念の死を遂げ、仁穆大妃は慶運宮に幽閉される。一方、宮殿から逃げ出した貞明公主は倭国へ。奴隷として長崎の硫黄鉱山に売られ、ファイという名で男のふりをして過酷な日々を生き抜いていた。数年後、朝鮮通信使がやってくることを知ったファイは、祖国に戻るきっかけをつかもうと江戸に向かい、ホン・ジュウォンと出会う。彼は幼い頃に貞明公主を守れなかった後悔を胸に抱きつつ、光海君が設立した“火器都監”で働いていた。ファイは硫黄の闇取引を手助けし、ジュウォンと共に朝鮮に帰国。ついに家族の仇である光海君と対面するが…

 
https://youtu.be/xp1nK_-iCys
 

【華政(ファジョン)-16話~18話】

 

◇華政(ファジョン)-16話

火器都監で働くうちに土取り係が仁穆大妃のいる慶運宮に入れると知ったファイは、彼らを追いかけて何とか中に入ろうと試みる。ちょうどその時、火器都監は大騒ぎになっていた。ファイが触った釜から吹き出す怪しい蒸気のせいで次々と職人が倒れ、死者が出たのだった。火器都監の新たな提調となったホン・ヨンは、息子のジュウォンとファイを逮捕する。西人派は光海君の元に押しかけ、火器都監の閉鎖を要求する。そんな中、ジュウォンは隠し通路からファイを逃がし、事故の真相解明を託す。片や光海君は、火器都監の騒動はジュソンの仕業ではないかと思い始める。火器都監から逃げたファイは、都で唯一頼れるイヌに協力を求めるが…

 

◇華政(ファジョン)-17話

火器都監のために何を取るか選択を迫られた光海君。ジュウォンの尋問を自ら行うことを決断するが、ジュウォンは「火器都監を守ってほしい」と告げる。そして、ジュウォンはこの時初めて光海君を「王様」と呼ぶ。
 一方のファイは、イヌと共に火器都監の硫黄長ヨンブと煙硝長ボンスにも力を貸してほしいと頼みに行く。封鎖中の火器都監に侵入したファイは、有毒な煙が出た原因を突き止めるが、無実を証明することができないと知り、焦りを感じる。しかし、完全には諦めていなかった。父のホン・ヨンにより、ジュウォンは厳しい拷問にかけられるが、火器都監を守るため、光海君に自分を処刑して騒動を終わらせてほしいと告げる。

スポンサーリンク



 

◇華政(ファジョン)-18話

光海君が自分のことを知っていたというファイの証言により、尋問は一時中断される。同じ頃、イヌはファイの指示で騒動の日に負傷していなかった職人とその着ていた作業着を見つけるため奔走していた。一方、ファイの証言で重臣たちが焦るなか、イヌからの文を受け取った光海君は真犯人が他にいることを知る。犯人である職人を推薦したユン・ドハの名を名簿に見つけた光海君は、ジュソンの家にホ・ギュンを送る。しかし、王の部下であるはずのホ・ギュンがユン・ドハを自害に見せかけて刺し殺したため、光海君は結局、黒幕のジュソンを捕らえることができなかった。騒動が一件落着したファイは、腕につけていた数珠をなくしていることに気づく…

 

【華政(ファジョン)-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事