韓国ドラマ-初恋-あらすじ-キャスト

韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-初恋-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ-初恋-あらすじ-34話~36話-キャスト

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-初恋-あらすじ-34話~36話-キャスト
初恋のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【初恋-概要】

時は1975年。映画館の看板画家の父ドッペ、絵を描くのが好きな長男のチャニョク、勉強が得意な次男のチャヌ、亡き母の代わりに家事をこなす姉のチャノクの4人家族は父の仕事の関係で地方都市の春川(チュンチョン)に移り住む。チャヌは父が働く映画館の経営者の娘ヒョギョンを一目で好きになるが、ヒョギョンはチャニョクの絵の才能に惹かれてゆく。
5年後、チャニョクはヒョギョンとの初恋を育みながら美大への進学を夢見るが、貧しい一家の長男という責任が重くのしかかる。一方、ヒョギョンへの想いを胸に秘めたチャヌは経済的な事情から大学進学をあきらめ、不良仲間とつるんでいた。そんな中、ヒョギョンの父がチャニョクとの交際を知り、卑劣な手段を使って2人を引き裂いてしまう。
ヒョギョンの前から姿を消したチャニョクは上京して工員となり、兄に代わって大学に進学したチャヌは法律家を目指すが、ヒョギョンの家族の執拗な妨害に兄弟は何度も苦難を強いられる。やがてチャニョクの将来を奪う決定的な事件が起き、怒りに燃えたチャヌは裏社会へと足を踏み入れ、ヒョギョンの家族を追い詰めてゆくが…。

 
https://youtu.be/dE1L1QMxun8
 

【初恋-34話~36話】

 

◇初恋-34話

チャニョクは自分も大変な状況にありながら、チャノクとジョンナムのことを心配していました。二人は結婚して一緒になるはずだったのに、今はまるでアカの他人のようになっている・・。まさか・・このまま別れるつもりじゃないだろうな・・と。そこでチャニョクはジョンナムに会い、チャノクをどう思ってるのかと尋ねます。

するとジョンナムは本心を明らかにし、今でもチャノクのことが忘れられないと答えるのでした。それを聞いて安心したチャニョクは、すぐにこのことをチャノクに伝えます。こうして二人の関係は復活し、再び結婚に向けて歩み出すのでした。チャニョクのおかげでジョンナムと寄りを戻すことができたチャノク・・。彼女は一生、兄に対して感謝し続けなければなりません。

一方、チャヌは友人たちに借りた金を返すことができず、行き詰まっていました。なんとか働いて返済しようとしますが、それではとても間に合いません。もっと率のいい仕事をしなければ完済なんかできない・・かといって踏み倒すわけにもいかないし・・。考えた彼はカジノで働くことを決め、経営者を知る友人に電話をかけて相談します。その頃、チャニョクは入隊するための準備をしていましたが、相変わらず家族には黙ったままでいました…。

 

スポンサーリンク


◇初恋-35話

ヒョギョンは自分の能力のなさに自信を失っていましたが・・。ソクジンに励まされてやる気を出し、大学受験に向けた猛勉強を開始します。今の彼女を支えているものはただ一つ・・大学でチャニョクと再会することです。とてもせつないことに、彼女は大学に受かりさえすればチャニョクに会えると思っていたのです。そんな彼女の様子を見守っていたソクジンは、せつない思いが沸いてくるのを抑えるに必死です。

なぜなら、彼はチャニョクが入隊することを知っていたからです。一方、チャノクの心はかつてなく幸せに満ちていました。それはジョンナムとの結婚が決まっただけでなく、それをチャヌが認めてくれたからです。ずっと反対していた弟がやっと許してくれた・・と、チャノクはそのことが嬉しくて仕方ありません。彼女の理想は、家族のみんなから認められてジョンナムと結婚することだったのです。

さまざまな紆余曲折を経て、その理想がようやく実現しようとしているのです。一方、シンジャはチャニョクと一緒になるため、チャニョクに留学資金を出したいと申し出ます。ただしその代わり、今後はヒョギョンと会わないでほしいと条件を出します・・。それからほどなくして、チャニョクの入隊通知がソン家に届きます…。

スポンサーリンク


 

◇初恋-36話

チャヌは友人のヒョンギから妙なことを耳打ちされて、困惑していました。ソッキが貧乏学生なんて嘘じゃないのか?むしろ金持ちの娘だったりするんじゃないのか?ヒョンギはチャヌにそう言いましたが、それにはちゃんとした理由がありました。彼は、ソッキが高級な服を身にまとった女性と一緒にいるところを見ていたのです。それで彼女が苦学生だというのは信じがたいと思ったのです。

これを受けてチャヌは動揺しますが、それでもソッキの言ったことを信じようとします。私はあなたと同じ境遇にある・・だからあなたのことが理解できるの・・。チャヌの脳裏には彼女の言葉が今でも焼き付いています。一方、チャヌは自分が勤めているカジノで重要な仕事を任されます。それは、団体でやって来るドイツ人の客の通訳をすることです。

幸いにも彼は語学の才能に恵まれ、ドイツ語を話すことも朝飯前だったのです。思わぬ大役を任されることになり、チャヌは人知れず胸を高鳴らせます・・。その一方、チャヌはチャニョクが入隊することを知って、ショックを受けます。なぜ入隊なんかするのか・・進む方向が全然違うだろ・・と。チャヌが兄に望むことは今もただ一つ、美術の世界に進むことです…。

スポンサーリンク


 

【初恋-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク