韓国ドラマ-あの空に太陽が-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-あの空に太陽が

部長
今回は『福寿草』ユン・アジョン、『19の純情』イ・ミヌ 、『君を守る恋~Who Are You~』ノ・ヨンハク、『熱愛』キム・ヘジ主演でお届け!2015年『それでも青い日に』、2016年『私の心は花の雨』に続くTV小説の最新作『あの空に太陽が』をご紹介します!

副部長
貧しいヒロインが韓国最高の女優を目指して、夢に恋に奮闘する奇跡の物語!1970年代の映画界を舞台に厳しい現実と夢、愛と野望の間で、すれ違う4人の恋模様も必見ですね!

部長
全121話の構成になっています!

あの空に太陽が-概要

部長
インギョン(ユン・アジョン)は学校にも通えず、家計を支えながら継母マルスン(ユン・ボギン)と喧嘩っ早い弟ハンス(オ・スンユン)と暮らしていた。
ある日、弟が拘置所に入れられてしまう。
マルスンはインギョンに保釈金を用意するように責め立て、突然洋服店への就職を勧める。マルスンは「これからは働きながら学校に通えば良い」と言うその言葉にインギョンの夢は膨らんでいったが…。

あの空に太陽が-相関図

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-相関図-ネタバレ

韓国ドラマ-あの空に太陽が-55話

部長

ミヌはインギョンからスンジュンは甥だと聞かされ、いちおうその話しに納得していました。そして調査もいったんストップさせていたのですが・・。あるとき、彼はクムスンとチルボンの会話を立ち聞きすることになり、そこで衝撃を受けます。二人はスンジュンのことを話していたのですが、ミヌはそれを聞いて再び疑念を持つようになったのです。もしかしたら・・スンジュンはインギョンの甥などではなく・・俺の子供なのかもしれない!と。

確かにクムスンとチルボンの会話の内容は、そう思わせるものでした。一方、ミヌと同じような疑念を抱く人間がインギョンの家にもいました。それはマルスンですが、彼女も真実をはっきりさせたくて悶々とした日々を送っています。そうしたところへ、突如、ミヌが家に訪ねてくるのでした。

ミヌはスンジュンの真実を確かめたくてインギョンの家を訪れたのですが、そこにたまたまマルスンがいたのです。こうして二人は会話を始めますが、マルスンは自分が思ってることを素直にミヌに伝えます。そしてミヌのほうも、躊躇なくスンジュンのことに言及するのですが・・。インギョンはこうした動きを何も知らず、仕事に没頭しているところでした…。

韓国ドラマ-あの空に太陽が-56話

副部長

調べれば調べるほど疑念が拡大していく・・ミヌはそういう状態でした。スンジュンのことを考えると、仕事も手につかなくなるのです。早く真実が知りたい、そうでなければ心が落ち着かない!こうしてついにミヌは、スンジュンについて本格的な調査を行うのでした。そしてその調査の結果、自分の子供であるという確信を抱くようになります。間違いない、スンジュンはインギョンの甥ではなく、俺の実子なんだ!と。

こうしてミヌの心は高揚していきますが、同時にインギョンに対して怒りも芽生えるのでした。なぜなら、インギョンは真実を知っていながらそれを隠していたことになるからです。本当の父親がここにいるのに、それを隠蔽しようとするとは・・なんて女だ!。ところが、ミヌが真実を突き付けても、インギョンはこれまでの主張を撤回しませんでした。

スンジュンは私の甥っ子よ・・と、何度でも言い続けたのです。ミヌはこうした彼女の態度に業を煮やし、真実を告白させるための方法を考えます。どうすればスンジュンが俺の子であることを認めさせられるか・・。ミヌは考えに考え抜いて、ついに一つのグッドアイデアに辿り着くのでした。そしてそれを粛々と実行に移していきます…。

韓国ドラマ-あの空に太陽が-57話

部長

インギョンは一流の女優を目指して一直線に走っていきたいところでしたが・・。スンジュンの問題が浮上してからというもの、仕事よりもプライベートの負担が重くなっていました。ミヌは相変わらずしつこい調査を繰り返しており、マルスンからの圧力も強くなっています。そしてインギョン自身もあることが気になって、テジュンの元を訪れました。自分とミヌの関係をテジュンがどこまで知っているのか、それを確かめるためです。

そしてインギョンは単刀直入に話をし、彼を問い詰めていきますが・・。一方、ミヌはインギョンがテジュンのもとを訪れたことを聞き、焦っていました。彼女に余計なことをしゃべられては困る、と思ったからです。そこでミヌはすぐにグンテに連絡をし、事態を上手く処理するよう指示します。具体的にどう処理するかは、押して知るべしというところですが・・。

一方、インギョンはテジュンを前にして、完全に自分を見失っていました。とにかくテジュンの認識について確かめたくて、執拗な追求を続けていったのです。あなたは私とミヌの関係についてどこまで知ってるの?どうなの?知ってるんでしょ?と。これに対してテジュンは圧倒されながらも、ついに口を開きます…。

おすすめの記事