韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-あらすじ-キャスト

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン

部長
今回は今や韓国を代表するビックスター、チャン・グンソクに、『京城スキャンダル』のカン・ジファン、
『雪の女王』のソン・ユリなど豪華キャストが勢ぞろいの『快刀ホン・ギルドン』をご紹介します!

副部長
ロックテイストで現代に蘇る新感覚時代劇ですね!

部長
全24話の構成になっています!

快刀ホン・ギルドン-概要

部長
15世紀の朝鮮王朝。貴族家の庶子に生まれたホン・ギルドンは家と社会から蔑視を受け、悪名高き道楽者として暮らしてきた。
酒と女と博打に溺れていたある日、中国へ渡ろうと決意したギルドンは、中国からやって来たお転婆な女性ホ・イノクに出会い、語学を習おうと、以後行動を共にするようになる。
つねに言い争いが絶えない2人だったが、いつしか心を通わせていく。 時を同じくして、王子チャンフィは、幼い頃、命を狙われた異腹兄弟グァンフィへの復讐を実行するタイミングをうかがっていた・・・。
そんなある日、チャンフィが落とした母の形見である高貴な髪飾りをイノクが偶然拾ったことから、3人の運命は絡み合い始める。
そしてギルドンは、何者かに殺された盗賊の男に渡された不思議な杖と遺言を伝えるため、盗賊たちを探しに向かった ―。

快刀ホン・ギルドン-相関図

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-10話

部長

ヨンムン商団の倉庫で監禁されている少女たちを見つけたイノク。果敢にチョルチュに立ち向かうがかなわず、チャンフィの協力も得られない。少女のために1人奔走するイノク。何もできないチャンフィは自分を責める。その姿を見たノ尚宮は、イノクを清に連れ去るよう手配。一方、ギルドンは、人参売りに成り済ましてチョルチュに接近。高額な利子を付けて人参を売りつけ、少女たちの両親と共にあの手この手で船の出航を遅らせていた。

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-11話

副部長

イノクはチョルチュに追われ、あわやのところをギルドンに救われる。だがギルドンは正体を隠し通してイノクの元を去る。村で1人の少女の葬列を見たチャンフィは、ますます苦悩。人参の利子がふくらんだチョルチュは、ギルドンを不審に思い、船に呼び出す。ギルドンはピンチに陥るが、たまたま居合わせたチャンフィの機転で事なきを得る。ついに川が凍結。あせったチョルチュは氷を割るために爆薬を使用。官軍が港へ駆け付ける。

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-12話

部長

ギルドンとチャンフィの協力で少女たちは無事解放される。イニョンに刀を向けられたギルドンはウネに助けられる。チャンフィはイノクと仲直りし、特別に自分の名前を明かす。その晩、イノクはスグンを訪ね、いまだにギルドンを忘れられないと打ち明ける。そのイノクをただ切なく見守るギルドン。ギルドンに思いを寄せるウネは、父からイニョンとの婚礼を急ぐと告げられて悩む。そんな折、ホ老人は、ホン判書がイノクの実母を殺したと確信する。

おすすめの記事