韓国ドラマ-華政(ファジョン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-華政(ファジョン)-あらすじ-相関図

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-華政(ファジョン)-あらすじ-22話~24話-相関図
華政(ファジョン)のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【華政(ファジョン)-概要】

時は1608年。朝鮮第14代王・宣祖の次男、光海君は嫡子ではないという理由で16年もの間、明に正式な世子と認められず、父からも冷遇されている。光海君の心を癒してくれるのは、幼い異母妹の貞明公主だけだった。そんな中、宣祖が崩御。次期王の擁立をめぐり、朝廷はにわかに慌ただしくなる。骨肉の争いを望まない光海君は、永昌大君と貞明公主を守ると仁穆大妃に誓い、15代王に即位。しかしその後、永昌大君は無念の死を遂げ、仁穆大妃は慶運宮に幽閉される。一方、宮殿から逃げ出した貞明公主は倭国へ。奴隷として長崎の硫黄鉱山に売られ、ファイという名で男のふりをして過酷な日々を生き抜いていた。数年後、朝鮮通信使がやってくることを知ったファイは、祖国に戻るきっかけをつかもうと江戸に向かい、ホン・ジュウォンと出会う。彼は幼い頃に貞明公主を守れなかった後悔を胸に抱きつつ、光海君が設立した“火器都監”で働いていた。ファイは硫黄の闇取引を手助けし、ジュウォンと共に朝鮮に帰国。ついに家族の仇である光海君と対面するが…

 
https://youtu.be/xp1nK_-iCys
 

【華政(ファジョン)-22話~24話】

 

◇華政(ファジョン)-22話

イヌに正体を知られた貞明公主は、謀反の濡れ衣を着せられた仁穆大妃を救いに行こうとするが、かえって仁穆大妃の身に危険が及ぶとイヌに止められる。一方ジュウォンは、「ファイが王の敵ならどうする」とイヌに聞かれ、ファイには何か秘密があるのだと知る。王宮では、仁穆大妃の処罰を求める声に光海君は苦悩していた。そして、真相を確かめるため仁穆大妃に会いに行くと、仁穆大妃の口からは、公主の証しを使って自分をおびき寄せたと言われる。また、ホ・ギュンが密かに会っていたのはジュソンではなくファイだったと知り驚く。同じ頃、ファイは仁穆大妃を救い出すためジュウォンに用意してもらった女人用の衣に着替えて光海君を訪ねる。

 

◇華政(ファジョン)-23話

光海君の前に女の姿で現れたファイは、母を救うため正体を明かし、取引を持ちかける。母まで殺されたくないという貞明公主の告白に衝撃を受ける光海君だが、ジュウォンに公主をかくまうよう命じる。そんな中、公開討論が開かれ、光海君を陥れようとするホ・ギュンは仁穆大妃を死罪にするよう主張するが、光海君は死罪にも廃位にもしないと宣言する。一方、ジュウォンが貞明公主の正体を知ったことに気づいたイヌは、王の手先であるお前には公主様を守る資格がないと言い放つ。ジュウォンの屋敷にかくまわれた貞明公主はついに母との再会を果たすが、仁穆大妃は光海君を信用してはならない、予言を知るイチョムとゲシからも逃げるようにと忠告する。

スポンサーリンク



 

◇華政(ファジョン)-24話

ジュソンはホ・ギュンと貞明公主を始末するため刺客を送り込む。ジュウォンは貞明公主をかばって斬られるが、ある者の助けもあり一命をとりとめる。貞明公主はもう自分のために誰かを失いたくないので、この件は自分の力で解決すると光海君に伝える。その頃ホ・ギュンは、自分を始末しようとしたジュソンに共に死ぬか生き延びるかどちらかを選ぶよう迫っていた。ホ・ギュンが黒幕のジュソンを道連れにするとにらんだ光海君は、イチョムに謀反の偽装を指示し、ホ・ギュンに罠を仕掛ける。一方の貞明公主はホ・ギュンと密会し、ジュウォンを刺したせいで王に追われていると嘘をつく。追い詰められたホ・ギュンは、貞明公主に協力を求めるが…

 

【華政(ファジョン)-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事