韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン

部長
今回は今や韓国を代表するビックスター、チャン・グンソクに、『京城スキャンダル』のカン・ジファン、
『雪の女王』のソン・ユリなど豪華キャストが勢ぞろいの『快刀ホン・ギルドン』をご紹介します!

副部長
ロックテイストで現代に蘇る新感覚時代劇ですね!

部長
全24話の構成になっています!

快刀ホン・ギルドン-概要

部長
15世紀の朝鮮王朝。貴族家の庶子に生まれたホン・ギルドンは家と社会から蔑視を受け、悪名高き道楽者として暮らしてきた。
酒と女と博打に溺れていたある日、中国へ渡ろうと決意したギルドンは、中国からやって来たお転婆な女性ホ・イノクに出会い、語学を習おうと、以後行動を共にするようになる。
つねに言い争いが絶えない2人だったが、いつしか心を通わせていく。 時を同じくして、王子チャンフィは、幼い頃、命を狙われた異腹兄弟グァンフィへの復讐を実行するタイミングをうかがっていた・・・。
そんなある日、チャンフィが落とした母の形見である高貴な髪飾りをイノクが偶然拾ったことから、3人の運命は絡み合い始める。
そしてギルドンは、何者かに殺された盗賊の男に渡された不思議な杖と遺言を伝えるため、盗賊たちを探しに向かった ―。

快刀ホン・ギルドン-相関図

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-19話

部長

ギルドンとイノクは互いの思いを確認し合い、幸せいっぱい。活貧党もさらに勢力を拡大する。チャンフィは、イノクがリュ大監の孫娘だと確信するが、イノクに事実を告げられずにいた。
リュ兵曹<ヒョンジョ>判書の娘が生きていることに危機感を覚えたホン判書は、イノクを生け捕りにしようとする。官軍に囲まれたイノクを、ホ老人が命に代えて救出。祖父を失って悲しむイノク。
チャンフィはついに、ホン判書がイノクの本当の家族を殺したと明かす。

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-20話

副部長

イノクは、怒りのままにホン判書を斬りつけ、父をかばうギルドンの胸に剣を刺す。チャンフィは、ショックで倒れたイノクをヨンムン商団へ連れ帰る。1人涙するギルドン。イノクはリュ・イノクとして生きることを決意。活貧党を憎む王は、マチョン山の焼き討ちを命令。ギルドンは村人と共に王に真っ向勝負を挑む。だが王宮には、四寅剣の事実究明を求める上訴が殺到。ホン判書は、事態を収拾するために自分を処刑するよう王に進言する。

韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン-21話

部長

必死にイノクを忘れようとするギルドン。一方、チャンフィは、母の形見のかんざしをイノクに贈る。ある日、王が邪気払いの儀式を開くと発表。チャンフィと活貧党は儀式場で蜂起することに。準備を進めるギルドンは、1人の剣職人から、刻印の入った四寅剣はリュ大監と大妃が作った偽物だと聞く。真実を知ったノ尚宮はショックを受ける。同じころ、王も四寅剣の真実を知ってしまう。儀式の日を迎え、ギルドンらは官僚や芸人に扮装して王宮へ潜入する。

おすすめの記事