韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-キャスト

韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ-明成皇后-
あらすじ-22話~24話-キャスト

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-22話~24話-キャスト
明成皇后のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【明成皇后-概要】

明治維新を経験した日本、ヨーロッパ列強国、近代化に遅れた清に囲まれた19世紀の朝鮮。宮廷に一人の少女が嫁いできた。彼女は明成(ミョンソン)皇后。王に愛されない皇后は夜を読書で過ごし、生来の賢さと情報量で王を振り返らせる。やがて政治や外国との交渉に王をしのぐ力を揮い、舅・大院君との対立を深めていく。明成皇后を年代別にムン・グニョン→イ・ミヨン→チェ・ミョンギル、と三大女優が演じる。全124話の超大河時代劇!

 

【明成皇后-22話~24話】

 

◇明成皇后-22話

領相パク・ビョンジが高宗に辞職の上疏を差し出すと高宗は大院君と相談するよう命じる。
国師堂で元子の魂を慰めて弔った王妃閔氏が病床から起き上がり、高宗は嬉しくてすぐさま王妃の寝殿へ駆けつける。 気を戻した王妃と高宗は仲良く手を取り合って大王大妃趙氏のもとを訪ねる。
高宗と王妃の親しい姿を耳にした永保堂李氏はまたもややきもちを妬き始める。
高宗は王妃閔氏に、お月様の精気を受けて元子を失った悲しみを乗り超えるよう慰める。すると王妃は、まだ先が長いので、過去の事にグズグズしてはいられない、もう全部忘れたと言い返す。
領相パク・ビョンジは高宗に言われたどおり、上疏を持って大院君を伺う。大院君はまだ信用できる人材がいないので辞職は少し後にしてほしいと頼む。
ついでにパク・ビョンジが自分が選んだ嫁にそれほど厳しくする理由を尋ねると、大院君は可哀想だとかばってばかりいると、それこそ王妃をもっと可哀想にさせるのだと答える。
王妃は見識の高い大王大妃の甥趙寧夏に入宮した際には大妃殿にだけ寄らず、大殿にも寄るよう誘う。
大王大妃は王妃閔氏が元子を失くした後、高宗にもっと愛着を深めるに違いない、さらに王妃は権力の味を覚えたため、これからは大院君と立ち向かうに違いないと見通す。

 

スポンサーリンク


◇明成皇后-23話

明成皇后は閔謙鎬に、高宗と大院君が親子の関係であるか君臣の関係であるか確実にさせることに自分の命が掛かっていると伝える。
明成皇后は自分の部屋を訪れた高宗を、永保堂李氏の境遇が労しいといって永保堂に行かせる。その後、明成皇后はこの世で一番大事な息子を失った、これ以上自分に失うものは何もない、だから怖がることもないと心の中で呟く。 辞任を申し出た領相の問題で高宗のもとを訪ねた大院君は、高宗から予想外の話を聞かされ衝撃を受ける。高宗は大院君に領相の職を務めるよう命じたのだ。
それは即ち大院君の関係をこれからは親子の関係ではなく、君臣の関係としていきたいという意でもあったのだ。
一方、新しい領相として任命され雲?宮に挨拶に訪れた洪淳穆は、作戦本部のように門の前にはひさしが掛けられ、朝廷大臣らが大勢集まっているのを見てびっくりする。大院君と会った洪淳穆は、まるで忠誠を誓うように大院君にお辞儀をする。大院君は書院撤廃の後始末と、戸布(税金の一つ)の実施を積極的に推し進めるよう命じる。
深夜、臣下として国事を相談したいと宮廷に訪れた大院君は、明成皇后が席を外すことを待つ。しかし、高宗は明成皇后をそばに置きたがり、明成皇后も席を立とうとしたものの、聞くことにすると言い、再び高宗の隣に座り込んで微笑みながら大院君を見つめるのだが・・・

スポンサーリンク


 

◇明成皇后-24話

高宗は明成皇后から学んだり聞いたりした知識と情報を誇らしげに大院君に並べ立てる。そして、自分は父親の意に従うつもりなので、今のまま改革政策を続けて繰り広げてくださいと話す。
一方、大王大妃趙氏は現在大院君が推し進めている仕事はあまりにも極端過ぎて、この王朝を支えている官僚たちを皆敵にまわす仕打ちであり、それで大院君が王座を貪っているという噂まで出回っているのだと大院君を責める。
大王大妃趙氏の話を聞いたにもかかわらず大院君は書院撤廃と戸布の実施を強力に推し進める。予想通り学者たちやヤンバンたちの不満の声は高く、激しい場合には反抗を躊躇わない。
閔升鎬は大院君を追い出す絶好の機会だと、これを見逃してはいけないと明成皇后に訴える。だが、明成皇后は急に水の流れが激しくなると崖にぶつかってしまうのだと、まだ適時ではないと言い返す。一方、大院君は高宗と明成皇后のもとに訪れて、自分が叶えたい二つ仕事の中で一つは叶えたので身を引きたいと告げる。驚く高宗。だが、大院君はもう一つも叶えてから身を引くと言い換えて、そのもう一つの仕事とは元子を就かせる事だと告げる。

スポンサーリンク


 

【明成皇后-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク