韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-16話

部長

ケドンは再びテ・ジュンサン将軍の配下に助けられた。百済城のテ・ジュンサンは唐の補給船が破損して修理している情報を得、唐の兵士を殺し、船を奪った。唐と高句麗の戦いは過熱していき、契丹族のイヘゴは、前回高句麗軍が待ち伏せした岩山に、先に唐軍が行って、待ち伏せする戦略を考えた。唐軍の全面攻撃が始まる。それに対し、ヨン・ナムセン将軍は、イヘゴの計略にはまり、挟み撃ちに会って高句麗軍は壊滅状態に陥った。百済城では、船を動かせる若者を連れて行くことで、ケドンと百済城の村長とその孫との間に葛藤があった。しかし、百済の兵士は高句麗と百済のために唐の兵士を殺した。一方、命からがら逃げ延びた高句麗の将軍たちは、高句麗王とヨン・ゲソムン大将軍に軍が壊滅したことを伝えるのであった。ヨン・ゲソムンは、将軍たちに、息子ヨン・ナムセンの消息を尋ねるが、消息を知る者は誰もいなかった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-17話

副部長

高句麗の危機を感じたポジャン王の姪スギョンは、国を救う為に唐に嫁ぐと王に申し出るが退けられる。そんな中、ケドンとテ・ジュンサン軍は、百済城で手に入れた唐の補給倉庫の地図を使って倉庫に襲撃を繰り返した。彼らの襲撃に手を焼いた唐の大総管イ・ジョクは、ソリンギに蛇水部隊の指揮権と引き換えに彼らの掃討を依頼した。ソリンギは、イヘゴとチョリンと数人の契丹族の部隊をおとりに罠を仕掛けた。しかし、思惑通りにはいかず退却の途中、チョリンは林で道に迷い、追っ手のケドンと会う。ケドンに不信感を抱いているチョリン。チョリンの剣がケドンの腕を切り裂く。すると意外なことに、ケドンはチョリンへの熱い想いを語り始めた。2人の間に微妙な空気が流れた。その時、チョリンを探しにイヘゴが現れチョリンを連れ去った。テ・ジュンサン将軍一行は、ようやくヤン・マンチュン軍の陣営を訪ねた。陣営のコ・サゲ、コム・モジャムはケドンが、テ・ジュンサンの息子であることを知っている。ジュンサンはコム・モジャムに自分がケドンを初めて見た時の感情の高ぶりを話した。もしや自分の子ではとコム・モジャムに問う。コム・モジャムは本当のことを話し、ジュンサンとケドンは涙の対面を果たす。ケドンがテ・ジュンサンの子ジョヨンになった瞬間であった。喜びもつかの間、ジョヨンは作戦のためコム・モジャム、コルサビウとともに軍需品が集まる蛇水へ向かった。ある山中の小屋に包帯で全身を巻かれた男が自分の身を呪って歯を食いしばっていた。ヨン・ゲソムン大将軍の息子ヨン・ナムセンだった。あの襲撃から1ヵ月が過ぎていた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-18話

部長

テ・ジョヨンたちは、唐の大総管イ・ジョクのいる葦島と補給倉庫のある蛇水の間に潜み、両地域を行き来する密書、命令書を奪うため待ち伏せを開始した。唐のソリンギ将軍は、蛇水の川に唐の水軍を移動させ水軍と陸軍の合同で平壌を攻撃するという戦略を考えた。葦島の唐の援軍が必要なソリンギは、イヘゴに、密書を持たせ葦島へと向かわせた。しかし、待ち伏せしていたテ・ジョヨンがイヘゴを捕える。密書には、具体的な内容がまったく書いてなかった。イヘゴが直接伝えるようになっていたからだ。イヘゴが高句麗軍に捕まったことを聞いたチョリンは、再び伝令を伝えるため軍団から離れてイヘゴを救出に向かった。しかし、チョリンもテ・ジョヨンに捕らえられる。ジョヨンは自分のチョリンに対する想いは真実であると繰り返すが、チョリンは応えない。逆に別れ際に渡された母の形見の首飾りを返された。かくなる上はと、ジョヨンがチョリンを切ろうとする。その瞬間、イヘゴがそれを遮った。全て話すからチョリンを殺さないようにと懇願した。計略の全てを知ったテ・ジョヨンとコルサビウ、コム・モジャム。テ・ジョヨンが闇夜の空に火矢を放った。それを見た唐のソリンギは、密書が葦島に届いたと喜び、全軍攻撃開始の命令を下した。

おすすめの記事