韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-124話

部長

テ・ジョヨン軍は、テ・ジュンサン軍にひと山越えれば追いつくところまでやって来た。残ったフクスドルは相手の先手を取って夜襲をかけた。フクスドルの大活躍で初戦は大勝利に終わった。テ・ジョヨン軍は無事テ・ジュンサン軍と合流できた。ミモサは全員が天門嶺を越えて安全になるまでフクスドルがもってくれればと願うが、ケピルサムンはフクスドルを見捨てることは出来ないと援軍に行くと言い出し、ミモサに計略を授かって出発した。計略は10里先の岩山に隠れて、その谷におびき寄せ攻撃する誘引作戦だった。数日ぶりに会った2人は喧嘩をしながらも友情を確かめ合った。誘引作戦実行の日、ケピルサムンと兵が誘引して、岩山に隠れているフクスドル軍が谷に来た敵を攻撃する。大暴れするケピルサムン。身の丈に合った長く大きな刀でばっさばっさと敵をなぎ倒す。とその時、ケピルサムンの胴がはらわれ、深手をおった。両脇を支えられ逃げるところでイヘゴが射た矢が2本命中した。しかし、フクスドルが待つ岩山に着くまでは死ねない。ようやく唐軍本隊を誘引し岩山に辿り着いた時、火矢が放たれ、火のついた丸太が落とされた。唐軍本隊は壊滅状態になった。ケピルサムンの遺体がテ・ジョヨン達のもとに送られた。悲しみにくれるテ・ジョヨン。フクスドルが死ぬ覚悟で敵と戦っていると聞いたテ・ジョヨンは、フクスドル救出に行くと叫んだ。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-125話

副部長

唐軍に大打撃を与えたフクスドルは、兵たちに命が惜しいものは去れと伝えるが一人も立ち去るものはいなかった。テ・ジョヨンの陣営では、大業を成すためには天門嶺へ向かうよう訴える家臣たちに対して、自分一人でも助けにいくとテ・ジョヨンが言い張っていた。そんなテ・ジョヨンにオホンは、フクスドルは決してひき返すことを望んでいないと訴える。単身、救出に向かおうとするテ・ジョヨンにコルサビウが同行を申し出た。押し寄せる唐軍にフクスドルは一騎打ちを申し出て、イムンが相手をすることになる。火花を散らす両雄、フクスドルが馬乗りになってとどめを刺そうとした時、背後からチョ・インサが襲い掛かり、フクスドルは背中を刺された。フクスドル軍をやぶった唐軍は、テ・ジョヨン軍を追う前にチョ・インサの手によってフクスドルを処刑することにした。最後の瞬間、フクスドルの脳裏には、義兄弟のテ・ジョヨンとコルサビウの姿が浮かんだ。そのテ・ジョヨンとコルサビウが辿り着いた時には、すでに冷たくなったフクスドルの骸が軍門にさらされていた。敵陣に切り込み、フクスドルの骸を背負って逃げるテ・ジョヨンたち。ミモサ率いるテ・ジョヨン軍と民たちは、天門嶺の麓に到着した。そこに合流したテ・ジョヨンは唐軍がすぐそこまで迫っていることを告げた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-126話

部長

イムン率いる馬兵は、テ・ジョヨン軍に追いつき戦闘準備を進めていた。イヘゴ率いる唐軍本隊も昼夜を問わぬ強行軍でそれを追っていた。テ・ジョヨンは、家臣たちに国を建てるためには唐軍の攻撃を防ぐだけでなく、ここで全滅させなければならないと告げた。軍師ミモサは、かねて用意の策として鉄壁の要塞である天門嶺の地形を利用して罠を仕掛け、防御壁を作ることを提案する。しかし、そのためには作業が終わるまで時間を稼ぐ策が必要だった。テ・ジュンサンが民を率いて天門嶺を上ることになり、時間を稼ぐために決死隊を編制して峰の入り口を塞ぐことになった。その死地にコルサビウとクムランが自ら志願したが、クムランを道連れにしたくないコルサビウは一人で残ると言う。しかし、テ・ジョヨンの判断で2人とも残ることになる。陽も落ち、天門嶺を上る多数の松明を見てイムン率いる唐軍が出兵するが、コルサビウはミモサの策で隠れていた兵を使い奇襲をかけ、初戦に勝利した。高句麗、百済など各国出身の技術者が力を合わせて天門嶺に陣地を築き、罠を仕掛けた。兵の半数近くを失いながらも唐軍を食い止めた決死隊のおかげで作業は終了し、20万を越える唐軍と戦う手筈が決められた。天門嶺を守る3つの道をコルサビウ、トゥンソ、そして契丹軍が各々守ることになるが、ミモサは、チョリンとコムがイヘゴと戦えるのか疑念を唱える。しかし、テ・ジョヨンは互いを信じることが肝要だと契丹軍を裏道に配した。

おすすめの記事