韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-127話

部長

唐の軍が動き始めたという合図の火矢が放たれた。契丹の陣では、コムがチョリンに戦は自分に任せて撤退するように言うがチョリンは引かなかった。テ・ジョヨンは、イヘゴは自分のいる本陣を攻めてくると予想するが、姿を現したのはチョ・インサとソル・ゲドゥだった。イヘゴは契丹軍の守る裏道に向かっていた。イヘゴが攻めてきたことを知ったコムは、再びチョリンに撤退するように勧めるがチョリンは契丹の希望のために戦うと言った。対峙するイヘゴ軍と契丹軍。チョリンは白旗を掲げるように命じる。それを見て契丹の陣に向かったイヘゴ軍に、かねてから用意していた策が襲い掛かった。そこに斬りかかっていく契丹軍。白旗はチョリンの計略だった。戦いの最中、イヘゴはチョリンを連れ戻しに来たと言うが、チョリンは裏切り者のイヘゴを許せないと答える。思わず剣を落とすイヘゴ。その目前でチョリンが唐の兵に追い詰められる。イヘゴは我知らず短剣を唐兵に投げつけていた。要塞と化した天門嶺に大敗を喫した唐軍。テ・ジョヨンの本陣を攻めたチョ・インサもテ・ジョヨンとの一騎打ちの末、討たれた。そこに大量の軍事物資を運んできたソリンギが到着する。イヘゴはシン・ホンと2人だけで夜陰に紛れて、契丹の陣のチョリンのもとに忍びこんだ。一緒に来られないなら、せめて自分の前には現れないでくれと頼むイヘゴに唐を捨てて戻ってくるように言うチョリン。しかし、テ・ジョヨンにすべてを奪われたと思っているイヘゴにはそれはできなかった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-128話

副部長

イヘゴと共に契丹の陣内に忍び込んだシン・ホンは、内通者から罠の位置を記した地図を得た。契丹に疑念を抱くミモサは、クムランに契丹の陣営を見張るように命じる。日が暮れ、出掛けようとするクムランに行くなというコルサビウ。しかし、クムランは軍師の指示を守り、契丹の陣に向かった。そして、内通者に門を開けさせ、潜んでシン・ホンたちの会話を聞き契丹の陣内での裏切りを知る。コムとチョリンに知らせに走るクムラン。そこにイヘゴ率いる唐軍が攻めかかり、コムとチョリンはテ・ジョヨンの本陣に向かう。追い詰められたテ・ジョヨンは、陣営を立て直すべく峰に向かうこととなり、敵を食い止めるために父テ・ジュンサンがその場に残ることを申し出た。谷を渡るテ・ジョヨンたちは、コルサビウの陣が炎上しているのに気付く。攻め寄せる唐軍の中、孤軍奮闘するコルサビウ。そこにクムランが戻ってきて加勢する。血路を切り開いて逃げる2人。崖の上に追い詰められるが、しっかりと互いの手を握りあって川に飛び込んだ。テ・ジョヨンは陣営を立て直すことができたが、テ・ジュンサンは囚われてしまう。洞窟に逃げ込んだコルサビウとクムラン。足を骨折したクムランは自分を置いていくように頼むが、どこまでも一緒だというコルサビウ。互いの気持ちに気付いた2人は口づけをかわした。逃げる2人を追い詰める唐軍。クムランは、自分をおぶってくれるよう頼むがそれは敵の矢からコルサビウを守るため。コルサビウが気づいたときには、クムランの背中に無数の矢が刺さり絶命していた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-129話

部長

冷たくなったクムランを背負ったままコルサビウが本陣に戻ってきた。囚われのテ・ジュンサンは、ソリンギの前に引き出され降伏をすすめられるが、息子の大業のためなら死も厭わないと答えた。テ・ジョヨン軍の士気は著しく下がっていた。その上、頼みの綱の靺鞨族も唐を恐れて援軍を断ってきた。チョリンはコムを呼び出し、自分が時間を稼ぐから靺鞨族を説得してくるよう命じた。そして、テ・ジョヨンにイへゴと内通した罪で自分を捕虜として拘束し、テ・ジュンサンとの捕虜交換を申し込み、コムが援軍を連れてくるまで時間を稼ぐよう願い出た。人質として柱に縛られたチョリンを見てイヘゴの心は揺れ、交渉の使者として訪れたミモサたちを牢に放り込んだ。唐軍の軍議ではソリンギが、テ・ジュンサンを目の前で処刑してテ・ジョヨン軍を奮起させるくらいなら解放したほうがいいと提案した。捕虜の交換は、両軍の境である川をはさんで行われることとなった。イヘゴは捕虜を交換した瞬間、不意打ちで総攻撃をしかけテ・ジョヨン親子を葬るつもりだった。しかし、テ・ジョヨンも敵の策を読んで出兵の準備を進めていた。靺鞨族を説得に向かったコムは、テ・ジョヨンを裏切り、唐に騙されて滅んだ契丹と同じ道を靺鞨族も歩んでいると説いた。いよいよ捕虜交換がはじまり、両軍は川をはさんで向かいあった。

おすすめの記事