韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-121話

部長

イヘゴは荒れていた。使者を送ってもチョリンとコムが来ない。シン・ホンは安市城にいる2人を間者にできると考え、再び使者を送る。安市城では、唐の大軍をよそに東牟山の麓への大移動を推し進めていた。契丹村、チョリンのもとにシン・ホンからの使者が来ていた。チョリンを説得しようとする使者達を間違っているのは父であり、自分達は契丹村の民を守るために唐軍と戦うとコムが一蹴した。一蹴されたら殺せというシン・ホンの命令どおり使者達は、コムを待ち伏せして襲うが、この襲撃も一蹴されてしまう。東牟山の麓に向かってこれから出発するとテ・ジョヨンの掛け声とともに高句麗の民と契丹村の民は出発した。一方、この知らせを聞いても一向に腰を上げない唐軍大総管ヤン・ソウィに業を煮やしたイヘゴは、ヤン・ソウィに出発するよう要請した。すると、ヤン・ソウィはイヘゴを跪かせ、大総管から輸送係に降格させた。しかし、ヤン・ソウィは行軍しても昼には野営をし、イヘゴがいくら抗議をしても改めない。出発したテ・ジョヨン達は、唐軍に追いつかれる事を考えながら歩を進めた。テ・ジョヨンはもしもの時を考え、イへゴと対峙させないようにコムを先鋒からはずそうとした。しかし、コムはそれを受け入れなかった。唐軍、イムンと酒を酌み交わすイヘゴ。イムンの酒には眠り薬が入っていた。イヘゴは失われた指揮権を取り戻し、テ・ジョヨンに追いつこうと反乱を起こそうとしていた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-122話

副部長

深夜、イへゴはヤン・ソウィとチャン・ヒョヌを襲った。翌朝、イムンが止めるのも聞かず処刑は始まった。夜襲の邪魔をした兵士は縛り上げられ、弓で射られた。命乞いするヤン・ソウィはイヘゴに斬り捨てられ、チャン・ヒョヌはイムンが葬った。イムンは「これで戻れぬ橋を渡った。テ・ジョヨンを倒すしか生き残る道はない」と呟いた。実権を手にしたイヘゴだが気が晴れない。そんなイヘゴの様子を見て、シン・ホンが「テ・ジョヨンに勝てば全てが手に入ります。国と民、チョリン様もコム様も」と囁く。ソリンギのもとにヤン・ソウィとチャン・ヒョヌの首が届いた。唐の朝廷は2人が殺されたことで蜂の巣をつついたように喧しくなった。その頃、ようやく唐軍が高句麗の民と契丹の民に追いついた。先導のテ・ジュンサン軍の前にイムン軍が立ち塞がった。イムン軍に押し戻され、逃げ帰ったテ・ジュンサン。翌日イヘゴ軍と当たる先鋒はコム率いる契丹軍であった。悩むイヘゴの元へそこへコムが訪ねてきた。イヘゴは撤退するように勧めるが、コムは父と思わず契丹の民を害する敵と思うと敵陣営を後にした。涙にくれるイヘゴ。振り返るコム。祈るチョリン。見つめるテ・ジョヨン。夜が明け、コム軍が撤退していないのを確認して、総攻撃の命令を発するイヘゴ。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-123話

部長

唐軍の先鋒はイヘゴ軍。テ・ジョヨン軍の先鋒はコム軍。どちらも先に攻めずに時間が過ぎる。ついにイヘゴが動き、圧倒的な唐軍の力でコム軍は押された。イヘゴとコムは戦場で睨み合った。斬り合うこともなく、側近の者達に分けられた2人。コムは山道を逃げ延びたが、そこにイムンが待っていた。イムンがコムを一太刀斬りつけた時、イへゴがやって来た。それを見たイムンは返す刀で斬り上げた。倒れたコムをイヘゴの側近が抱き上げる。まだ息がある。急いで陣営に戻った。コムは傷からの熱でうなされていた。「父上、父上」と夢うつつで呼ぶコムの手を取るイヘゴ。しかし、「テ・ジョヨン将軍、あなたを父上と呼びたかった」と続けたコムに、イヘゴは冷水を浴びせられたようになった。イヘゴは、気がついたコムをテ・ジョヨン陣営に帰した。テ・ジョヨンの陣営に戻ったコムは「兵を失ってしまいすみません、処罰してください」というが、テ・ジョヨンは「お前1人の生還は勝利の知らせに等しい」と返した。その夜、テ・ジョヨン軍は数万体の案山子を立てて、唐軍を少数で食い止め、民とともに先へ進むことになった。同じ頃、唐に戻ったソリンギは、則天皇帝に唐軍の応援に食糧を持参したいと申し出ていた。テ・ジョヨン陣営は、わずか数千の軍で時間を稼ぐため、フクスドルが残ることになった。

おすすめの記事