韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-115話

部長

ソリンギが自ら唐の兵を率いてイヘゴの討伐に向かった。追い詰められたイヘゴは、遼河を渡り旧高句麗の城に立てこもった。イヘゴの状況を知ったテ・ジョヨンの参謀たちは、安市城内にいるコムがイヘゴと内通することを警戒する。そんな中、コムはイヘゴと合流するために城を抜け出そうとするが、テ・ジョヨンに見つかってしまう。テ・ジョヨンの信義に背くつもりはないが父イヘゴの危機を見過ごすことはできないと言うコムにテ・ジョヨンは、城を出るなら敵とみなすと告げるが、それでも城を去るというコム。数に勝る唐の軍勢に抵抗を続けるイヘゴ軍。そこに遼東への野望を秘めた突厥軍が現れ、突厥の可汗ムクチョルは、囚われの契丹国皇帝ソンマニョンを引き出して降伏をせまるが、コムと主従の3人で切り込んでくる。それを見て士気が高まる城内の兵と力を合わせ、コムは城内に入り、イヘゴとの再会を果たす。牢内のソンマニョンから安市城のチョリンに密書が送られる。内容はコムがテ・ジョヨンの子供であることを明かして、援軍を乞えというものだった。再び引き出されて降伏を呼び掛けるよう命じられたソンマニョンは、テ・ジョヨンの軍勢が助けにくると逆らい殺された。安市城では、チョリンがテ・ジョヨンにコムは自分とテ・ジョヨンの子供だと告げ、助けを求めていた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-116話

副部長

コムが実の息子だと知っても出兵の決断を下せずにいるテ・ジョヨンに出兵すべきだとスギョンが言葉をかけ、テ・ジョヨンは決断を下す。ソンマニョンの死でさらに士気が高まったイヘゴ軍はさらに激しい抵抗を示すが、ソリンギが突厥軍に秘密で内通者を確保し城内侵入に成功した。イヘゴ、コムともに囚われてしまう。抜けがけされた突厥の可汗ムクチョルは、捕虜を引き渡すように申し出るが、ソリンギはそれを拒否し両軍が剣を抜いて向かいあった。その時、テ・ジョヨンの軍勢が現れ、城外の突厥軍を切り伏せ、城内のソリンギ、ムクチョルを逆包囲することに成功する。窮地に陥ったムクチョルは、テ・ジョヨンに会談を申し込むが、そのあらわな領土欲のために会談は決裂する。唐の長安では、状況を知った則天皇帝が、突厥が敗れたときに本拠地を攻めるように遠征軍の編制を命じていた。牢内に捕えられているイヘゴ、コム。シン・ホンがコムに策を授け、コムはムクチョルに自分がテ・ジョヨンに軍を退かせるよう交渉するので、うまくいったら一同を開放するよう交渉する。ソリンギとテ・ジョヨンとの軍勢がまさに戦端を開こうとしたとき、コムが城門から現れ、テ・ジョヨンにひざまずき「私の父を助けて下さい」と言った。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-117話

部長

コムは父を助けてくれるように必死に懇願した。明朝、コムが唐、突厥連合軍陣営・遼河城に戻らなければ、皆、処刑される。テ・ジョヨンは、コムが自分の子であるからこそ戻したくなかった。臣下の意見は、コムの願いを無視して総攻撃することであった。テ・ジョヨンはイヘゴが処刑されたあと総攻撃すると決断した。翌朝、遼河城門前にテ・ジョヨン軍が集結し、門の楼閣にイヘゴ以下臣下の者が引っ立てられた。突厥族可汗ムクチョルの掛け声で、イヘゴの首に刀がふり下ろされる寸前、テ・ジョヨンの「待て、処刑をやめよ」という声が響いた。臣下の総意でコムの願いが聞き入れられたのだった。次の日、遼河城に入城したテ・ジョヨン軍はイへゴ以下臣下の者を連れて安市城に帰った。コムがテ・ジョヨンの子であることを知ったスギョンは、チョリンに悪縁を断ち切りたいから、早々に安市城を去るようにと言う。その夜、ミモサはイヘゴを隔離して、イへゴの前に猛毒が入った小さな瓶を置いた。自ら命を断てば、他の者が助かると言うミモサ。イヘゴがミモサにテ・ジョヨンはコムのことを知っているのかと聞くと、知っているからコムを助けたと答えるミモサ。イヘゴは、テ・ジョヨンにすべて奪われた、残ったのは自分の命だけと言って、命だけは自分の手でと瓶のふたを開け、毒をあおろうとした…。

おすすめの記事