韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-最終回

韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-最終回

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-1話~3話-最終回
吹けよミプンの秘密のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【吹けよミプン-概要】

母と幼い甥と3人で脱北してきたスンヒ(イム・ジヨン)。ソウルでミプンと改名し、新しい人生を歩み始めることに。ところがその矢先、詐欺に遭い全財産を失ってしまう。助けを求め、ジャンゴ(ソン・ホジュン)の弁護士事務所に駆け込むミプン。実は2人は幼い頃にマカオで出会っており、運命的な再会を果たす。その頃、資産1000億ウォンを保有するドクチョン(ピョン・ヒボン)が北に残してきた離散家族を捜していた。ドクチョンの孫娘こそがミプンなのだが!?

 
https://youtu.be/kLrTEO_vLp8
 

【吹けよミプン-1話~3話】

 

◇吹けよミプン-1話

2002年マカオ。飲食店を経営する両親と弟と一緒に暮らすジャンゴは、成績優秀でインターナショナルスクールに通っていた。そんなある日、北朝鮮から兄妹が転校してきた。なにかとジャンゴを敵対視するが、妹スンヒはいつしかジャンゴに淡い恋心を抱き始める。一方、北に残してきた家族を探していたドクチョンは、みんな死んでしまったことを聞かされ…。

 

◇吹けよミプン-2話

ジャンゴと仲良くなったスンヒは、父の仕事の都合で急に北朝鮮へ帰ることになり泣く泣くジャンゴと別れる。2015年、ジャンゴはソウルで弁護士事務所を開業した。一方、スンヒは一家で脱北することになったが、途中父と兄が人民軍に撃たれてしまう。残されたスンヒは母と幼い甥を連れてソウルにやって来るが…。

スポンサーリンク



 

◇吹けよミプン-3話

スンヒはミプンと改名し、働いて貯めたお金でようやく自分の家を持つことになる。入居の日新居へ行ってみるとそこは競売にかけられた家だった。詐欺に遭ったミプン一家は、橋の下に身を置くが支援団体の助けでドクチョンのビルに一時避難させてもらう。そこで法律事務所を見つけたミプンが詐欺の相談に行ってみると…。

 

【吹けよミプン-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事