韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-最終回

韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-最終回

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-43話~45話-最終回
吹けよミプンの秘密のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【吹けよミプン-概要】

母と幼い甥と3人で脱北してきたスンヒ(イム・ジヨン)。ソウルでミプンと改名し、新しい人生を歩み始めることに。ところがその矢先、詐欺に遭い全財産を失ってしまう。助けを求め、ジャンゴ(ソン・ホジュン)の弁護士事務所に駆け込むミプン。実は2人は幼い頃にマカオで出会っており、運命的な再会を果たす。その頃、資産1000億ウォンを保有するドクチョン(ピョン・ヒボン)が北に残してきた離散家族を捜していた。ドクチョンの孫娘こそがミプンなのだが!?

 
https://youtu.be/kLrTEO_vLp8
 

【吹けよミプン-43話~45話】

 

◇吹けよミプン-43話

デフンはユソンからもらったメンコが、自分を捜すチラシではないかと疑うが、確かめる前にシネとチョンジャに処分されてしまう。ドクチョンの前でチラシを見たと主張するが、シネたちにシラを切られ信じてもらえない。挙句に認知症を疑われ病院に連れて行かれてしまう。一方、ジャンゴに海外研修の話が持ち上がり、グムシルはミプンの店を訪ね…。

 

◇吹けよミプン-44話

強い安定剤を飲まされたデフンは眠ってばかり。ついには倒れてしまう。問い詰められたシネは家族の前でチョンジャのせいだとごまかすが、ドクチョンからはきつく叱責される。一方でシネは、ミプンの店のビル買収に成功し暴力団を使ってミプンたちに立ち退きを命じる。ジャンゴは、店で暴れる男たちからミプンをかばいケガをしてしまう。

スポンサーリンク



 

◇吹けよミプン-45話

ウィナーズの前でデモを起こしたミプンとヨンエ。その騒ぎを見たドクチョンにシネのビル買収計画が知られ、シネは事業中止を言い渡される。立ち退きを逃れたミプンたちは、ギョーザをホームショッピングで販売しないかと持ちかけられる。一方、シネと外に出かけたデフンは、シネが目を離した隙に再び記憶が戻る。そこに偶然ヨンエが通りかかり…

 

【吹けよミプン-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事