韓国ドラマ-被告人

部長
今回は「キルミー・ヒールミー」「秘密」などさまざまなヒット作に出演する人気実力派俳優チソンが優秀な検事であり、家族を大切にする素晴らしい夫・父親であったが、ある日突然妻と娘を殺害した罪で収監される主人公ジョンウを熱演する『被告人』をご紹介します!

副部長
迫力ある脱獄シーン、真犯人とジョンウの手に汗握る心理戦、それを表現するカリスマ俳優たちの名演技のぶつかり合い、クオリティの高すぎる極上サスペンス!

部長
全18話の構成になっています!

被告人-概要

部長
どんな不正や悪も見逃さないソウル中央地方検察庁のエース検事ジョンウ(チソン)。家庭では愛する妻と娘に囲まれ、満たされた人生を歩む彼だったが、ある朝、目覚めるとそこは刑務所で当惑する。妻と娘を殺した罪で服役していたジョンウは、事件当日から4ヵ月間の記憶を失っていたのだった。無実を主張するジョンウを誰も信じない中、新人弁護士ソ・ウネ(ユリ)が彼の弁護を引き受けることに。一方、殺人容疑でジョンウに追われていたチャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は、4ヵ月前に双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)を殺害、彼になりすまして暮らしていた。だが、死刑判決を受けたはずのジョンウの奇妙な動向を知ったミノは……。果たして、死刑囚ジョンウは記憶を取り戻せるのか? 彼が妻と娘を失った背景にある真実とは?


被告人-相関図

韓国ドラマ-被告人-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-被告人-4話

部長

妻を殺害した容疑で逮捕されたジョンウ。しかしジョンウには事件当時の記憶が全くない。
断片的に少しずつ記憶を取り戻したと思いきや、また記憶を失うことを繰り返す。状況が分からずもがき苦しむジョンウ。担当の国選弁護士にまでさじを投げられるが、なってしまうが、そんなジョンウの状況を知り、唯一名乗り出たのは法廷で連敗していたウネだった。刑務所の囚人たちは今日も花札で賭け事をしている。そこに刑務所所長の命令でやってきた看守たちは、ジョンウの荷物からたばこのケースを見つけ、強引にジョンウを独房に放り込む。ミノは刑務所所長にジョンウが記憶を失った状態で法廷に立つようにしてほしいと頼む。裁判の準備ができず焦るジョンウの前に現れたのは、刑務所の看守として派遣されていた妻ジスの弟テスだった。

韓国ドラマ-被告人-5話

副部長

事件当日、ジョンウが眠った後、ハヨンの誕生日プレゼントを持ち真夜中にジョンウを訪ねたジュニョク。先輩のジュヒョクを快く迎え入れたジスは、ジョンウを起こそうとするが、ジュニョクはジスをとがめる。ハヨンのプレゼントには録音機能がついていたため、ジュニョクはハヨンへのメッセージを録音する。ジョンウには翌年ニューヨークの国連勤務の辞令が出ていたため、ニューヨークに遊びに来てほしいと名残惜しそうに話すジス。事件はその後発生し、証拠物が次々と警察に運ばれる中、ジュニョクのプレゼントも含まれていた。ニューヨーク行きを条件に事件の担当を任されたジュニョクは、そこに自分の声が録音されたおもちゃがあることを思いだし、何とかそれをもみ消そうと躍起になる。

韓国ドラマ-被告人-6話

部長

ジュニョクに頼んでジスの葬儀に向かうジョンウ。ジョンウはジスの遺影の前でも、抜け殻のようになっているジスの母親の前でも、ただひたすら申し訳なかったとしか言えない。そしてジョンウは必ずハヨンを捜し出すとジスに近い葬儀場から出ようとするが、ジョンウを見つけたジスの弟テスはジョンウに殴りかかる。そんな最中、ジスの母親はジョンウからこっそり手渡されたメモを見て物思いにふけっている。メモの内容は「家の中を絶対に片づけないでほしい」というジョンウの切実な頼みであった。
ハヨンが運び出されたと見られるスーツケースが見つかったとの情報を受け、現場に向かったジュヒョクは、空のスーツケースを見てがっかりする。一方、スーツケースを見つけたテスは、ジョンウの所に行きハヨンの居場所を問い詰めるが、ジョンウは自分が話した場所にスーツケースがあったことに逆に驚く。

おすすめの記事