韓国ドラマ-被告人

部長
今回は「キルミー・ヒールミー」「秘密」などさまざまなヒット作に出演する人気実力派俳優チソンが優秀な検事であり、家族を大切にする素晴らしい夫・父親であったが、ある日突然妻と娘を殺害した罪で収監される主人公ジョンウを熱演する『被告人』をご紹介します!

副部長
迫力ある脱獄シーン、真犯人とジョンウの手に汗握る心理戦、それを表現するカリスマ俳優たちの名演技のぶつかり合い、クオリティの高すぎる極上サスペンス!

部長
全18話の構成になっています!

被告人-概要

部長
どんな不正や悪も見逃さないソウル中央地方検察庁のエース検事ジョンウ(チソン)。家庭では愛する妻と娘に囲まれ、満たされた人生を歩む彼だったが、ある朝、目覚めるとそこは刑務所で当惑する。妻と娘を殺した罪で服役していたジョンウは、事件当日から4ヵ月間の記憶を失っていたのだった。無実を主張するジョンウを誰も信じない中、新人弁護士ソ・ウネ(ユリ)が彼の弁護を引き受けることに。一方、殺人容疑でジョンウに追われていたチャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は、4ヵ月前に双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)を殺害、彼になりすまして暮らしていた。だが、死刑判決を受けたはずのジョンウの奇妙な動向を知ったミノは……。果たして、死刑囚ジョンウは記憶を取り戻せるのか? 彼が妻と娘を失った背景にある真実とは?


被告人-相関図

韓国ドラマ-被告人-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-被告人-1話

部長

敏腕検事で名高いジョンウは、単身で暴力団のボスの葬儀に乗り込む。そこに大勢の部下を引き連れた組織のナンバーツー、シン・チョルスがやってくる。チョルスは目障りな検事を部下を使って追い払おうとするが、ジョンウはチョルスがボスを殺した証拠の音声ファイルを流して難を逃れる。ボスの殺害容疑でそのまま収監されるチョルス。またしても危険なやり方で容疑者を逮捕したジョンウ。そしてそんなジョンウを心配する捜査官ドンユンの小言も、ジョンウは鼻で笑い飛ばしてしまう。実力のあるジョンウをスカウトに来る弁護士事務所は後を絶たず、今日も高額の契約書を抱えた弁護士が訪ねてきている。ジョンウが電話で妻のジスにお伺いを立てると、ジスは検事のジョンウが一番魅力的だと言って一蹴する。ジョンウのスカウトに失敗したと電話をかける弁護士。その男の電話を受け取ったのは、チャミョングループの代表理事チャ・ソノだった。

韓国ドラマ-被告人-2話

副部長

殺人未遂の疑いをかけられ、ジョンウに捜査を受けていたチャミョングループの次男ミノ。ジョンウはミノが自殺し瀕死の状態で病院に運ばれたと聞き病院に駆けつける。ジョンウはミノが一瞬だけ意識を取り戻した時、「ミノ…」という言葉を発したことに驚く。それ以外にもホテルの職員がすれ違った時に酒臭かったと証言したのに対し、病院に運ばれたミノからアルコールは検出されなかったことがジョンウの頭を駆け巡る。ミノが死亡したとの知らせを受けたチャ会長が病院に訪れると、ソノになりすましたミノはすぐさま駆けつけて挨拶する。チャ会長は神妙な面持ちながらも悲しむこともなく、ソノのためにはミノが死んで良かった、いなかったものと思えばいいと冷たく言い放つ。会長にはバレず難を逃れたミノは胸をなで下ろすものの、認知症で入院中の母親はミノだと言い張る。

韓国ドラマ-被告人-3話

部長

ジョンウが逮捕されることになったウォルハ洞殺人事件発生の数日前、検察次長の部屋ではチャミョングループを追うジョンウのことが話題になっている。上司の言うことを聞かぬジョンウに手を焼いて不平をこぼす次長。そして困った面持ちで話を聞いているチェ部長。ちょうどそこにジョンウが逮捕令状を持ち、チャミョンのチャ代表を捕まえに向かっているという報告が上がり大騒ぎに。一方、顧客と一緒に工場を視察中のミノに、指紋確認のためにジョンウが向かっているという連絡がいき、危険を察したミノは視察中の工場の中に逃げ込む。ミノを見つけたジョンウは、ソノの指紋が添付された身分証明書を持ちミノに詰め寄る。窮地に立たされたミノは…

おすすめの記事