韓国ドラマ-被告人

部長
今回は「キルミー・ヒールミー」「秘密」などさまざまなヒット作に出演する人気実力派俳優チソンが優秀な検事であり、家族を大切にする素晴らしい夫・父親であったが、ある日突然妻と娘を殺害した罪で収監される主人公ジョンウを熱演する『被告人』をご紹介します!

副部長
迫力ある脱獄シーン、真犯人とジョンウの手に汗握る心理戦、それを表現するカリスマ俳優たちの名演技のぶつかり合い、クオリティの高すぎる極上サスペンス!

部長
全18話の構成になっています!

被告人-概要

部長
どんな不正や悪も見逃さないソウル中央地方検察庁のエース検事ジョンウ(チソン)。家庭では愛する妻と娘に囲まれ、満たされた人生を歩む彼だったが、ある朝、目覚めるとそこは刑務所で当惑する。妻と娘を殺した罪で服役していたジョンウは、事件当日から4ヵ月間の記憶を失っていたのだった。無実を主張するジョンウを誰も信じない中、新人弁護士ソ・ウネ(ユリ)が彼の弁護を引き受けることに。一方、殺人容疑でジョンウに追われていたチャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は、4ヵ月前に双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)を殺害、彼になりすまして暮らしていた。だが、死刑判決を受けたはずのジョンウの奇妙な動向を知ったミノは……。果たして、死刑囚ジョンウは記憶を取り戻せるのか? 彼が妻と娘を失った背景にある真実とは?


被告人-相関図

韓国ドラマ-被告人-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-被告人-16話

部長

自首して検察に連れてこられたソンギュは、検察の拘置場でジョンウと話した後で何者かによって殺されてしまう。しかし単独犯行にしてしまいたい検察は、ソンギュの自殺だったと発表する。ジュニョクの進退問題にも関わるため、ジュニョクはさらに慎重になる。ジョンウは部長に、ソンギュが自殺するわけがないと話すが、殺されたという証拠は何もない。会長の不正資料をミノに渡したヨニ。ミノはその資料を持って父親を訪ねると、会長がヨニを叩き叱りつけている場面に出くわす。急いでヨニを家に帰らせたミノは会長と口論になる。ミノと話していた会長は胸の痛みを訴え倒れるが、ミノはその父親を振り切って帰ってしまう。
会長の突然の死で、すべての罪を会長になすりつけたミノは在宅起訴になり、チャミョングループを正式に引き継ぐことになる。

韓国ドラマ-被告人-17話

副部長

容疑が晴れたジョンウは再び検察に戻ると、すぐにチャ・ミノの捜査を始める。チャ・ミノがジェニファー・リーを殺したと自供したキム・ソク。ジョンウにソクの監視を頼まれたチョルシクは、捕らえたソクを土の中に埋めて、これまで犯した罪の数々を確認していく。別荘に到着した検察と警察は、別荘一帯を綿密に捜索し、部屋の中から血痕を見つける。別荘から出てきた血痕はジェニファーのものだと判明するが、ソクは自分がジェニファーを殺したと自供する。しかしソクは事前にジョンウと打ち合わせ、ミノから凶器の有りかを聞き出すために一芝居しただけだった。証拠を手に入れたジョンウは、ソクが出ていった後、ソンギュがいた拘置所で必ず犯人を捕まえると決心を新たにする。

韓国ドラマ-被告人-18話(最終回)

部長

ヨニとウンスを連れて空港に向かったミノは、2人が見る前で検察に拘束される。ミノは検察に連れて行かれると、すぐに取り調べを受ける。同じように検察で取り調べを受けたヨニは、それまでのいきさつをジョンウに正直に話す。ジョンウが検察に戻ることによって、ミノとつながっていた次長は捕まり、次にジュニョクの立場も危うくなる。ジョンウの部屋の前で待っていたジュニョクは、自分が渡した資料のせいで周りが捕まっていくのに、自分だけが捕まらない理由をジョンウに尋ねる。そしてそこで事件当日、ジョンウが眠っている間に家を訪ねたこと、自分がジョンウを裏切っていたことを詫びる。弁護士はミノが劣勢なのを見て、最後は精神疾患のふりをすることだとミノをそそのかすのだが……。

おすすめの記事