韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-124話~126話-キャスト
ホジュン~伝説の心医~、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【ホジュン~伝説の心医~-概要】

軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。
そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。
間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。

 


 

【ホジュン~伝説の心医~-124話~126話】

 

◇ホジュン~伝説の心医~-124話

王宮の外で何か騒ぎがあり行ってみると、医書に必要な薬草研究の為に雇った薬草採りの男達が、報酬をもらえないと言っていた。
朝廷でも戦争とか色々あり、財政が厳しくなっていてという名目だったが、実は、医学書作りに否定的な者達がお金を出さないと….。
オンニョンは、夫の浮気現場に母親と行き、揉めているところに帰省したギョムに見られてしまい、ショックを受けて泣いてしまう。
その頃、王子がひきつけを起こし、急いで向かう途中にクァンヘグンも頭痛が酷いと連絡をもらう。
ジュンは、王子の診察へ行き、ドジにクァンヘグンの診察を頼むが、王子を優先させたとクァンヘグンががっかりして….。

ジュンは、医書の作成の為にお金が必要だと訴えるジュンに、お金はどうにでもなるから王子の健康を優先してくれと言われる。
ドジとマンギョンと飲んだジュンは、医書の作成がなければ今すぐにでも御医の座を辞したいと愚痴るが….。

 

◇ホジュン~伝説の心医~-125話

もう少しで医学書が完成という時、クァンヘグンがマラリアで重体に陥る。
すでに治療方法が見つからない状態だったが、ジュンは、ある決意をして、オグンに雨水を組み、ヒ素を使った薬を作らせる。
ジュンが薬をクァンヘグンにその薬を飲ませようとした時、毒物の検査を求められる。
検査の結果、毒物反応が出るが、ジュンが私を信じてください!と言うとクァンヘグンは、飲みますと言い。
調合したオグンは、クァンヘグンに何かあったら自分も罰せられるとビクビクして。
王様に呼ばれたジュンにもう薬を飲ませるな!と命じるが….。

スポンサーリンク



 

◇ホジュン~伝説の心医~-126話

王様に投与を止められるが、この薬でしか治せないと譲らないジュン。
更にドジにも止められてもジュンは、薬は、続けると言う。
クァンヘグンが亡くなった方がいいと考えてる臣下に呼ばれたジュンは、その為にヒ素を使ったのか?という発言に激怒して、必ず治します!と言って。
すると、ジュンの薬に少しだけヒ素を足せば、それはまさに毒になる!そして、責任は御医がとるのだ!と言い始め….。

ジュンは、クァンヘグンのところで自分を信じてくれたように、私も信じてます、病気に勝ってと励ます。
そんな時、ソヒョンが外出すると男達に襲われ、両親を預かった、いうことをきけ!と脅される。
しかし、どうしてもヒ素を入れないソヒョンを諦め、他の者にヒ素を入れさせるがその頃、クァンヘグンの意識が戻り….。

 

【ホジュン~伝説の心医~-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事