韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-130話~132話-キャスト
ホジュン~伝説の心医~、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【ホジュン~伝説の心医~-概要】

軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。
そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。
間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。

 


 

【ホジュン~伝説の心医~-130話~132話】

 

◇ホジュン~伝説の心医~-130話

ジュンの母親は、ジュンの小さい頃の夢を見て、目覚めるとジュンがヤンテと遊んで帰って来ないのと言い….。
ジュンに頼まれたホンチュンは、ダヒに投獄されてしまった事を話した。
イルソ夫婦は、寝付けず人生は、無常だと話す。
その頃、インチョルの助言で流刑になるジュンにダヒが会いに行くが、ジュンの母親も後から追い….。

流刑地に到着したジュンは、家を与えられるが近隣との接触を禁止する!と言われるが薬草を採りに行く。
そして、ジュンの世話をしながら監視することを命じられた女性は、医学書を読み….。
そんな時、母親をおんぶした男は、ジュンが医者だと知り診察してほしいとお願いするが…。

 

◇ホジュン~伝説の心医~-131話

始めは、断るが結局、診察し世話をしに来た女性が医学の心得がある事を知ったジュンは、医学書を自由に読みなさい!と。
そのウノクという女性は、父親が医師だったが冤罪をかけられ亡くなり母親も亡くなり奴婢になったと話す。
そんな時、沢山の患者がやって来て困ってるジュンに、ジュンを見張ってる役所の男達が診察してやってほしいと頼む。
王様になったクァンヘグンは、御医になったドジにジュンの母親を診察してくるように命じる。
ジュンは、ウノクに水には、33種類の水があると教える。

一方、ジュンの所には、患者が押しかけるが診察をしてるところに、役所の上司がやってきて怒るが、急に胸を押さえて….。

スポンサーリンク



 

◇ホジュン~伝説の心医~-132話

具合の悪くなった役人だったが、あいにくジュンが留守でウノクが針を打つことになるが、信じてくださいと言い。
針を刺したところにジュンが帰って来ると、症状を当てて針を刺したウノクに感心する。
そして、いつか罪を許される時が来たら医女に推薦すると話すジュン。
その頃、王宮では医書の作成が滞り、困っていたがドジは、ジュンに完成させると言い始める。

ジュンの元に向かうことになったオグン達は、ダヒの所に行き、差し入れに持って行く物を準備しろと言い。
ジュンにようやく再会したオグン達は、涙ながらに心境報告をして、医書を仕上げてほしいとお願いする。
何度かオグン達が通い医書の作成を始めたジュンだが….。

 

【ホジュン~伝説の心医~-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事