韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-133話~135話(最終回)-キャスト
ホジュン~伝説の心医~、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【ホジュン~伝説の心医~-概要】

軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。
そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。
間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。

 


 

【ホジュン~伝説の心医~-133話~135話(最終回)】

 

◇ホジュン~伝説の心医~-133話

罪人でありながら医官と接触したことがわかり監視役のウノクも囚われてしまう。
ジュンは、とうとう医書を完成させ、この医書を『東医宝鑑』と命名した。
そして、この書は、王様とこの国で生まれ育つすべての民に捧げますと….。
そこへ役人達がやって来て、医書も取り上げられてしまうが、なぜか王様の手に渡る。
この医書を読んだ王様は、この医書を仕上げたジュンを呼び戻すことを決め、投獄されていたオグン達も釈放された。
王様の前で挨拶したジュンは、もうどこへも行くな!と言う王様に、余生は故郷に帰り、町医者として暮らしたい!と頼む。
しかし、王様は許さない!と言うが師匠と貧しい人達の為に尽くすという約束を果たさなくては・・と。
更に患者が来るのを待つのではなく、彼らと共にいきるべきだということに気づきましたと。

王様は、私が我を通せばジュンを苦しめる!だけど世が呼んだらすぐ来てほしいと涙を流して頼む。
ジュンもまたありがたき幸せ・・と泣いて….。
家に帰ったジュンは、母親が認知症になっていて自分もわからないことにショックを受ける。
そして、ヤンテ夫婦、オグン夫婦もジュンと一緒に帰ることに決めた。
そして、師匠と共に過ごした病院に帰って来たジュンは….。

 

◇ホジュン~伝説の心医~-134話

ジュンは、昔過ごした医院でまた医師として暮らしていき患者のために尽くして行くと心で師匠に誓ったが…。
一方、王宮では、ヘミンソに患者が押し寄せるが患者は、『東医宝鑑』を見たと言い。
まだ、出していない本がなぜ市民の手に渡ったのか?と焦るが生薬の担当者が本を写して売ったが嘘を書いていたと判明する。
その頃、とうとうイルソ夫婦もジュン達の所にやって来て。

そんな時、餓死により命を落としてる人が沢山いると聞いたジュンが訪ねると、ジュンは、疫病だと言い….。

スポンサーリンク



 

◇ホジュン~伝説の心医~-135話(最終回)

ジュンは、すぐに王様に手紙をかくと医官を派遣しろと王命が下る。
ジュンは、食べ物がない子供達の為に自分のおにぎりを渡す。
ようやく派遣された医官達も来て、備蓄米も配られようやく疫病も終息するが、ジュンの様子がおかしく吐いていて。
疫病の終息で村は、お祭りムードになり、ジュンの母親も、ジュンの名前を呼び正気を取り戻したようで。
ジュンは、患者を診てから祭りに行くと皆を送るが、ダヒが家に戻ると針を持ったままジュンが亡くなっていて…。

お墓の前・・
イェジンは、一緒に連れて来た子供に私がずっとお慕いし尊敬していた人よと教える。
そして、あの人は、地中を流れる水のような人だったと話す。
更に、心から患者を慈しむ心医だったと….。

 

【ホジュン~伝説の心医~-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事