韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。

https://youtu.be/-QrcKgM-2a4
https://youtu.be/vK2gp4KiFUA

大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-10話

部長

ヤン・マンチュン将軍に医院に運ばれたケドンは、あらゆる治療を施され回復した。プ・ギウォンたち大臣はケドンがヨン・ゲソムンを襲った刺客の正体を知っているのではないかと恐れたが、彼は何も知らなかった。もう一人彼の回復を待っていた人がいた。彼に命を助けられたポジャン王の姪スギョン姫だった。スギョンは奴婢の身分のケドンに恋心を抱いた。暗殺を促した唐の使者ソリンギはヨン・ゲソムンとの駆け引きの末、捲土重来、高句麗征伐を誓って帰国した。その頃、ケドンの母タルギが想いを抑えきれず、密かにケドンに会ってケドンの身分と本当の名前を告げ、自分の首飾りを与えた。2人が密かに会ったことを知ったプ・ギウォンは2人を拷問にかけ、口を割らせようとするが2人は絶対に本当のことを話さなかった。明け方、目が覚めたケドンは拷問されて血だらけのタルギに呼びかけた。「母上、母上!」

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-11話

副部長

ケドンはヨン・ゲソムン自ら出向いて引き取ったが、タルギは処刑されることになった。引き取られたケドンは、自分を育ててくれ、何くれとなく気を遣ってくれたヨン・ゲムソンを父のように思っていることをヨン・ゲソムンに激白した。タルギ処刑の日が来た。前日夜、ケドンは母を救いに行こうとしてヨン・ゲムソンの側近コム・モジャムにたしなめられた。処刑後、平壌城外に放置されたタルギの死骸にすがって泣くケドン。一方、唐は高句麗遠征を決めて陣容を整えていた。大総管イ・ジョク、ソジョンバン、パンヒョテと645年当時の将軍がそろったが、その中にソリンギの名前はなかった。ソリンギは軍規を犯しても高句麗遠征に加わる決心をしていた。高句麗ではすでに、唐の動きを察知して遼東の守りを固めた。息子ヨン・ナムセンにケドンを生かしておくことを責められたヨン・ゲソムンは、ケドンが閉じ込められている小屋に向かい、槍を突きつけた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-12話

部長

ケドンに槍を向けたヨン・ゲソムンだが、ヤン・マンチュン将軍がかつて言った「天が高句麗のために授けてくれた子」という言葉を思い出し、ケドンを解放することにした。自由になったケドンは父親がいる高麗城を目指した。ケドンを殺したがっているヨン・ゲソムンの息子ナムセンは、ケドンを追いかけるが、ヨン・ゲソムンの配下であるコム・モジャムの助けで逃げ切った。しかし、危機を脱したのもつかの間、野宿しているところを契丹族、部族長の娘チョリンと契丹族最強の武人イヘゴに捕まり、母親にもらった首飾りも奪われ、契丹族の捕虜となってしまった。唐の将軍ソリンギは、ケドンが捕まった契丹族の部族長イジンチュンに会い、領土を契丹族に与える条件で、契丹族が自分の軍隊として高句麗と戦う約束をした。牢でケドンに会ったソリンギは自分の配下になるよう命じたが、ケドンはそれを断った。契丹族の牢を脱出したケドンはチョリンを人質に馬を要求した。その時、唐の高句麗遠征軍が軍営地・営州を出たと知らせが来た。8

おすすめの記事