韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-19話

部長

ソリンギ将軍が率いる唐軍は、テ・ジョヨンが放った火矢で平壌城へ進軍を開始した。一方、ヤン・マンチュン将軍は葦島の唐軍を攻撃。同時に、ヨン・ゲソムン大将軍自ら高句麗軍を率いて進軍を開始した。ソリンギは、イヘゴとチョリンから援軍がないことを知らされる。しかし、時すでに遅く、ヨン・ゲソムン大将軍の率いる高句麗軍に大敗し、退却を余儀なくされた。追うヨン・ゲソムン、逃げるソリンギ。ソリンギがヨン・ゲソムン大将軍へ矢を放つ。矢が刺さり、馬から転げ落ちるヨン・ゲソムン。だが唐軍の惨敗である。高句麗王の前で勝利を報告するヨン・ゲソムン大将軍。王は、テ・ジョヨンの蛇水での唐の補給倉庫攻撃の働きを知った。ヨン・ゲソムンは、テ・ジョヨンに望みを聞いた。ジョヨンは、一生ケドンで過ごさせて欲しい、自分のために多くの人が苦痛を受け、国が混乱するのは耐えらないと答えた。感動するヨン・ゲソムン。その時、助けてくれたシン・ホンを従えて、ヨン・ゲソムンの息子、ヨン・ナムセンが帰ってくる。ジョヨンの数々の功労に対して、王は将軍に等しい副莫達という階級を与え、王宮の警備にあたらせると発表した。王の側近は奴婢に高い階級を与えることに反対したが、ヤン・マンチュン将軍は、ケドンはテ・ジュンサン将軍の息子だから問題はないと言って、ケドンを生かしたことを咎められたヨン・ゲソムンは、私の首を切れと言い放った。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-20話

副部長

ヨン・ゲソムン大将軍が、ケドンの本当の名前は、テ・ジョヨンであることを王に告げた。王は、今後、ケドンをテ・ジョヨンと呼ぶように全員に宣言した。ヨン・ゲソムンは、王に面会し唐をすぐに攻めるように進言した。それに対し、文臣プ・ギウォンは唐への攻撃は無謀であると反対した。ヨン・ゲソムンは、ソリンギが放った矢で致命傷を負っていた。医者は、矢じりが肺に刺さり、鉄の毒が体全体に回っていて、余命は短いと言った。自分の余命が短いことが外に漏れることを恐れたヨン・ゲソムンは、テ・ジョヨンに医者を殺すよう命じた。いざ医者を前にすると躊躇するテ・ジョヨン。その医者をコルサビウが現れ殺した。一方、唐のソリンギ将軍は、契丹族のイヘゴとチョリンが作戦を漏らしたことに気づき捕まえに行く。イヘゴは一旦逃げるが、すぐに戻りソリンギに「ヨン・ゲソムンの首を取りに高句麗に行かせてくれ」と願い出る。チョリンも一緒に行くと言う。ヨン・ゲソムン邸、深夜。ヨン・ゲソムンの息子ナムセンが、唐出兵を思いとどまるよう父に進言した。ヨン・ゲソムンはその考えに激怒した。邪魔する者は王でも息子でも殺すと。その気迫に警護していたテ・ジョヨンも圧倒された。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-21話

部長

ヨン・ゲソムン暗殺のため、商人に変装して平壌城に潜入したイ・ヘゴとチョリンとその従者は、唐のスパイとして、平壌城で鍛冶屋を営んでいるソル・ゲドゥに会って、ヨン・ゲソムン邸の見取り図を入手し、覆面をしたチョリンがテ・ジョヨンを誘い出した。戦うチョリンとテ・ジョヨン。追い詰めて、相手の目を見たテ・ジョヨンは、チョリンではないかと気づく。そのとき、背後からナイフが飛んできてテ・ジョヨンの背中に突き刺さった。その隙に逃げるチョリン。巧妙に人払いして誰もいないヨン・ゲソムンの家にイ・ヘゴが忍び込む。部屋の扉を開けると、ヨン・ゲソムンが座っている。座っているヨン・ゲソムンと向き合ったイ・ヘゴはヨン・ゲソムンの気迫に圧倒される。しかし、ヨン・ゲソムンは戦うこともなく、血を吐き倒れた。イ・ヘゴは、ヨン・ゲソムンが死の病に罹っていることを知り、とどめをささずに去った。プギウォンが送った暗殺者だと思っているヨン・ゲソムンに、プ・ギウォンはヤン・マンチュン将軍が送った暗殺者だと嘘を言った。その証拠に、ヤン・マンチュン将軍は、ヨン・ゲソムン大将軍が唐攻撃の命令を出したのに、その命令を聞かず守備を固めていると。ヨン・ゲソムンは、ヤン・マンチュンを疑い始めた。テ・ジョヨンは、考えた末、自分ひとりの企みでやったと言った。

おすすめの記事