韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-73話

部長

テ・ジョヨンは両方の杯を飲み干した。それを見た則天武后は、テ・ジョヨンの忠誠心の深さに感心し、始めから杯に毒は入っていない、一方だけ飲んだら即座に殺すつもりだったと言った。再びその忠誠心を私にくれぬかと問われたが、テ・ジョヨンは口から血を流して倒れてしまった。すぐ内医院に運ばれ一命は取りとめたが昏睡状態である。二つとも酒のはずが、両方の杯に毒が盛られていたのだ。毒を盛ったのは誰か?大臣たちと大方の者は常に殺す機会を狙っていたイムンの仕業だと思った。しかし、大臣たちの前でイムンはそのことを否定し、則天武后が自ら毒杯を二つ用意して自分を罠に落とし、自分たちを排除しようとしているに違いないと推測した。イムンは重臣たちと諮り、廃太子イ・ヒョンを再び皇太子に推戴して則天武后の権力を弱めようと画策を始めた。イ・ヒョンの警護をしているイ・へゴ、チョリンは、東宮から一歩も出ないイ・ヒョンが、双方の杯が毒杯だったと知っていることから、毒を盛ったのはイ・ヒョンではないかと疑っていた。テ・ジョヨンが昏睡から覚めた。則天武后は、唐が伝統的にやってきた異民族出身者を武将にして戦わせる蕃将制度を持ち出し、テ・ジョヨンを登用すると宣言した。頑なに拒んだテ・ジョヨンだったが、父テ・ジュンサンが、誇りも名誉も捨て跪きジョヨンを助けてくれとソ・リンギに懇願したことを聞き、涙し気持ちが傾いた。イムンはテ・ジョヨン登用に反対であるが、鬼斧山の“人間狩り”から逃れることができたら登用してもよいという条件を出した。逃れた者がいないという“人間狩り”とは…。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-74話

副部長

武器も食料も持たない人間たちを唐の一部隊が、攻めて殺す。“人間狩り”とはそういうものだった。今回はイムンの部隊が出動、ターゲットはテ・ジョヨンはじめ鬼斧山麓奴隷収容所に収容されている奴隷全員だった。そこには多民族は人間ではない、野獣であるという発想が含まれていた。体内の毒が薄まって体力を回復しつつあるテ・ジョヨンのところに、密かにスギョン姫が会いにきた。チョリンから預かった小刀を渡し、何があっても生きて帰ってと涙ながらに哀願するスギョン。その涙を見たテ・ジョヨンはスギョンをかき抱いた。奴隷の中にテ・ジュンサンの部下であるトルバルが潜んでいた。彼は鬼斧山の地図とテ・ジュンサンの手紙を携えていた。テ・ジョヨンは、地図で地形を説明しながら各国の奴隷代表を集めて、逃げ延びる対策を練った。昼は隠れ夜行動する、切り立った崖がある山頂は目指さず谷側に逃げる、小刀があるので、竹槍を作って武器とし戦い、逃げる道を切り開いていくといくつか方針を定めた。ただ、テ・ジョヨンにもその先の作戦はなかった。“人間狩り”が始まった。イムンの部隊が攻撃を開始した。やはり、制止を振り切って安全に見える山頂を目指してしまう者たちも大勢いた。イムン隊は危険なので夜は攻撃してこない。その間にテ・ジョヨンは小刀でせっせと竹槍を作った。その頃、廃太子イ・ヒョンは厩にいた。そこには武器が隠されていた。復位できなくても謀反を起こすことを考えていたのだった。翌朝、丸腰だと思っていたイムンの部隊は竹槍の奇襲に合い、ほうほうの態で逃げ帰った。イムンは、相手はテ・ジョヨンだ、絶対油断するなと言ったのにと歯噛みした。決めてあった集合場所に奴隷たちが集まってきた。しかし、百済人、新羅人は高句麗のテ・ジョヨンの指揮下に入ることをためらっていた。テ・ジョヨンは持っていた小刀で自分の掌を切り、滴る血を彼らに見せて叫んだ。「違う国の出身とは言っても、俺たちには同じく赤くて熱い血潮が流れている、共に闘って逃げ延びる道を切り開こう」

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-75話

部長

テ・ジョヨンの熱い語りかけにも応じず、捕えた唐軍の兵士と引き換えに助けてもらおうと主張する一群があり、唐軍の捕虜と共にイムン軍に向かった。しかし、イムンは捕虜を引き取ると、彼らに弓を放つように命じた。命からがら逃げる奴隷たち。追撃する唐軍。テ・ジョヨンの一隊が、彼らを救いに立ち上がった。逃げた奴隷を取り囲んだ唐軍に竹槍が投げ込まれ、戦闘が始まった。奪った武器を手にしたテ・ジョヨン軍は圧倒し、唐軍は退却した。テ・ジョヨンは唐軍の武器を奪い、服を脱がせて川に投げ入れるように命じた。陣営のイムンは怒り心頭に達した。陣営の近くの川は唐軍兵士の血で赤く染まった。心理的にも唐軍は圧迫されていた。テ・ジョヨン軍は、残った者約100名がようやくまとまりを見せ、落とし穴を掘って竹槍を埋める者、投げ落とすための石を切り出す者、狩りをして食糧を調達する者、分担ができた。だが、長安城では、奴隷はほぼ全滅したと伝えられていた。イムンが奴隷を討伐して戻れば、また皇太子問題が再燃する…。イ・ヒョンが太子になれば、異民族特にソ・リンギの立場は危うくなる。イ・ヒョンを消してしまえ、ソ・リンギはイ・へゴ、チョリンに命じた。しかし、イムンは大臣チョ・ムネに援軍を要請して、5000人の城外駐屯軍が到着した。100人対7000人の兵の戦いが始まる。テ・ジョヨンは、地形、罠、闇、そして唐軍の鎧を身につけ顔に灰を塗って、幽霊のように見せかけることをした。長安城ではスギョン姫が情報を聞こうとチョリンの下に行く時、偶然、厩でイ・ヒョンの武器の隠し場所を見つける。イ・へゴたちは彼の謀反を見破りつつあった。

おすすめの記事