韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ-明成皇后-
あらすじ-124話(最終回)-キャスト

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-明成皇后-あらすじ-124話(最終回)-キャスト
明成皇后のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【明成皇后-概要】

明治維新を経験した日本、ヨーロッパ列強国、近代化に遅れた清に囲まれた19世紀の朝鮮。宮廷に一人の少女が嫁いできた。彼女は明成(ミョンソン)皇后。王に愛されない皇后は夜を読書で過ごし、生来の賢さと情報量で王を振り返らせる。やがて政治や外国との交渉に王をしのぐ力を揮い、舅・大院君との対立を深めていく。明成皇后を年代別にムン・グニョン→イ・ミヨン→チェ・ミョンギル、と三大女優が演じる。全124話の超大河時代劇!

 

【明成皇后-124話(最終回)】

 

◇明成皇后-124話(最終回)

明成皇后の葬儀を営みながら、大院君と高宗は今までの明成皇后との思い出が走馬灯のように駆け巡った。明成皇后のことを回想しながら、大院君と高宗は果てしない涙を流し続ける。そして、心で誓う。明成皇后のことは朝鮮の民とともに心に留めておいて、永遠に忘れないと・・・
そして、高宗は約束通り、皇帝となり、明成皇后の葬儀を盛大に営む。

 

スポンサーリンク


【明成皇后-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク