韓国ドラマ-逆流-あらすじ-視聴率

韓国ドラマ-逆流

部長
今回は財閥一家を舞台に秘密を抱えた4人が、騙し、騙されながら真実の愛を見つけていく緊迫のラブサスペンス『逆流』をご紹介します!

副部長
復讐と欲望が生み出した偽りの愛。
嘘と真実の愛が交錯する危険すぎる四角関係の行方は…

部長
全119話の構成になっています!

逆流-概要

部長
イニョン(シン・ダウン)は、テヨングループの御曹司ドンビン(イ・ジェファン)の子 どもを宿し、結婚の挨拶に出向いた。
ところがそこで紹介されたドンビンの弟ジュニ(ソ・ドヨ ン)を見て凍り付く。
イニョンは父の死とテヨングループの関係を暴くために素性を偽り、 ドンビンに近づいていたのだったが、かつて、視力を失ったジュニを介護したことがあったのだ。
イニョンは着々と計画を進めていくのだがジュニに気づかれることを恐れていた。
一方、イニョンの存在にジュニの婚約者ユラン(キム・ヘイン)も気が気でならない。
なぜなら、ユランもある目的で財閥一家に近づいた女性で、過去にイニョンと深い因縁があったのだ……。

逆流-相関図

韓国ドラマ-逆流-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-逆流-10話

部長

ジュニは意識が朦朧とし、倒れてしまう。
その様子を、心配しながら見ていたイニョン、
急いで駆け寄ると、ジュニはソンアと呼びかける。

その言葉を聞いたイニョンは驚きを隠せずにいると、そこにユランが現れる。
イニョンを退け、ジュニのところに行くと介護をする。

その後、ジュニは意識を取り戻し自分のオフィスにいた。
身体を心配したユランは、病院に連れて行こうとするのだが断られて…

韓国ドラマ-逆流-11話

副部長

ユランは、周りに人がいないのを確認すると、マンションの一室に入る。
部屋にはドンビンがいて、2人は話をする。

ドンビンは最終期間を3ヶ月と言い残し、部屋から出て行く。

一方、ジュニは父ベクサンと話をしていた。
体調を心配するベクサンだったが、ジュニは大丈夫だと安心させるのだった。

韓国ドラマ-逆流-12話

部長

ユランは酔っ払いヒャンミに電話をする。
そして、今日はジュニと一緒にいるから帰らないと言い、電話を切る。

その会話を隣で聞いていたイニョン。
ヒャンミに確認をするのだが、先に休んでと言われてしまう。

ヒャンミはその後、寝室に行きベクサンと話をする。
ドンビンの結婚式について話をするのだが、ヒャンミとベクサンの意見が食い違ってしまうのだった。

おすすめの記事