韓国ドラマ-逆流

部長
今回は財閥一家を舞台に秘密を抱えた4人が、騙し、騙されながら真実の愛を見つけていく緊迫のラブサスペンス『逆流』をご紹介します!

副部長
復讐と欲望が生み出した偽りの愛。
嘘と真実の愛が交錯する危険すぎる四角関係の行方は…

部長
全119話の構成になっています!

逆流-概要

部長
イニョン(シン・ダウン)は、テヨングループの御曹司ドンビン(イ・ジェファン)の子 どもを宿し、結婚の挨拶に出向いた。
ところがそこで紹介されたドンビンの弟ジュニ(ソ・ドヨ ン)を見て凍り付く。
イニョンは父の死とテヨングループの関係を暴くために素性を偽り、 ドンビンに近づいていたのだったが、かつて、視力を失ったジュニを介護したことがあったのだ。
イニョンは着々と計画を進めていくのだがジュニに気づかれることを恐れていた。
一方、イニョンの存在にジュニの婚約者ユラン(キム・ヘイン)も気が気でならない。
なぜなら、ユランもある目的で財閥一家に近づいた女性で、過去にイニョンと深い因縁があったのだ……。

逆流-相関図

韓国ドラマ-逆流-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-逆流-112話

部長

ドンビンはジュニにイニョンとは一緒になれないと、否定的な事を聞かされる。
そして、サンジェが倒れていた時のことについて話をする。

その言葉を聞き、怒りがこみ上げるジュニは、ドンビンにもらった書類を見ながら涙を流す。
その後、ジュニはヒャンミの後ろ姿を鋭い目線で見ると、無言で出かけるのだった。

一方、ダミは機嫌が優れないイニョンに対し面白い話をするのだが、無表情で何も感情を表さなかった。

韓国ドラマ-逆流-113話

副部長

イニョンは会長に呼ばれると、その部屋にいたのはドンビンだった。
会長代理になったドンビンの姿を見て驚くイニョンに、会社を辞めずにジュニがいた室長の席にいくよう勧める。

その言葉を聞いて言葉をなくしたイニョンは、会長室を出るとユランに会う。
ユランは会長がなぜいるのか確認するが、直接聞くよう伝えてその場を去るイニョン。
その後、ジュニのところに行くと、ドンビンの事を伝えるが…

韓国ドラマ-逆流-114話

部長

ジュニが、事件を終わらせようとしている理由を聞くイニョン。
会社と家族のためだと知り、ショックを受けるイニョン。

金で解決しようとするジュニの事が理解できないイニョンは反抗するのだが、忘れることはできると説得される。

ジュニのことまで殺そうとしたドンビンを、なぜ許すことができるのか理解できずにいたイニョン。
そして、ジュニは本心を伝えることなくイニョンを離してしまう。

その場を離れたイニョンは、泣き崩れるのだった。

おすすめの記事