韓国ドラマ-逆流

部長
今回は財閥一家を舞台に秘密を抱えた4人が、騙し、騙されながら真実の愛を見つけていく緊迫のラブサスペンス『逆流』をご紹介します!

副部長
復讐と欲望が生み出した偽りの愛。
嘘と真実の愛が交錯する危険すぎる四角関係の行方は…

部長
全119話の構成になっています!

逆流-概要

部長
イニョン(シン・ダウン)は、テヨングループの御曹司ドンビン(イ・ジェファン)の子 どもを宿し、結婚の挨拶に出向いた。
ところがそこで紹介されたドンビンの弟ジュニ(ソ・ドヨ ン)を見て凍り付く。
イニョンは父の死とテヨングループの関係を暴くために素性を偽り、 ドンビンに近づいていたのだったが、かつて、視力を失ったジュニを介護したことがあったのだ。
イニョンは着々と計画を進めていくのだがジュニに気づかれることを恐れていた。
一方、イニョンの存在にジュニの婚約者ユラン(キム・ヘイン)も気が気でならない。
なぜなら、ユランもある目的で財閥一家に近づいた女性で、過去にイニョンと深い因縁があったのだ……。

逆流-相関図

韓国ドラマ-逆流-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-逆流-115話

部長

屋台で酒を飲んでいたジュニは、イニョンのことについて一人話をしていた。
その事をイニョンが店の外で聞いていた。

一方、ベクサンは家で食事をしようとしたのだが他に食べる人がおらず一人だった。
食事を済ませ部屋に行くと、そこに元気がないヒャンミがいた。

そんなヒャンミに、ベクサンは思っている事を伝えると、感動して涙を流す。

韓国ドラマ-逆流-116話

副部長

ドンビンとジュニの会話を、別の部屋で聞いていたユラン。
ジュニはドンビンの本性を知り、今後どうなるか覚悟するよう警告をすると出て行く。

ジュニは落ち込み一人でいると、イニョンが現れる。
会議の時間が過ぎている事を伝えると、落ち込んでいる理由は聞かずに去って行くイニョン。

ユランもジュニのところに行こうとしたのだが、イニョンがいたためドンビンのところに向かうのだった。

韓国ドラマ-逆流-117話

部長

ユランは、イニョンに何を求めているのか聞くと、ドンビンのことについて確認する。
詳しくは話を知らないが、ジュニを信じて待つよう伝えると、ユランはその場を去る。

一方、ジュニはベクサンにイニョンの話は合っていた事を伝える。
そして、ドンビンのことでユランを信用できるのか2人で話し合うのだった。

ドンビンはDNA検査の事をユランにが知っている事を聞かされ、不信感を抱き始める。

おすすめの記事