韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。

https://youtu.be/-QrcKgM-2a4
https://youtu.be/vK2gp4KiFUA

大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-106話

部長

安市城から抜け出して来た高句麗の民たちを問い質してみると、彼らは家族を人質にとられてテ・ジョヨンを騙すためにやって来たのだった。テ・ジョヨンは彼らが城内に戻って罰せられないように、言われたとおり、満月の夜に南門を攻めると言って彼らを帰そうとした。しかし、その中の代表者は、北門を開け城内の一般の民を避難させるから北門を攻めるようにと申し出た。安市城にもどった彼らは、城主と加勢の唐の将軍チャン・ヒョヌにテ・ジョヨンを騙せた旨を報告した。翌日、チャン・サネがテ・ジョヨン陣営に来た。契丹兵を借り、援軍として送れるということだったが、テ・ジョヨンは、それを断った。テ・ジョヨンは、安市城は高句麗の聖地、契丹国の手を借りず高句麗人だけで征伐を成し遂げたかった。その契丹国皇宮は、コムがテ・ジョヨンの子であることが知れて相変わらず騒然としていた。満月が昇り、テ・ジョヨン軍が安市城北門に集結、テ・ジョヨンの号令一過、総攻撃が始まった。南門から来ることを想定していた安市城の唐軍はあわてふためいた。しかも、城内の高句麗人が暴動を起こし北門の唐軍に向かっていった。門が開けられ、テ・ジョヨン軍がなだれ込んだ。テ・ジョヨン軍の大勝利である。しかし、民を第一に考えるテ・ジョヨンである。高句麗の民たちの犠牲者の多さに心は暗くなった。だが、民たちは皆喜び、「高句麗万歳、テ・ジョヨン将軍万歳」の声は遠くまでこだました。このテ・ジョヨンの勝利をソ・リンギから聞いた則天皇帝は、怒りのあまりその場に倒れた。テ・ジョヨンは、引き出された安市城城主が、裏切った民の家族全員を殺したと聞いた。怒ったテ・ジョヨンは城主に向かって刀を振り下ろし、とどめを刺した。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-107話

副部長

遼東城を手に入れた数日後、テ・ジョヨンは高句麗の民を迎えに契丹国営州へと発った。テ・ジョヨンが到着する前に、イ・ヘゴが契丹国に凱旋した。皇帝イ・ジンチュンは、自分の命がそう長くないことを悟っていた。後継者争いで謀反が起こった今、遺書を肌身離さず持っていた。イ・ヘゴの軍師シン・ホンは、遺書の存在を知り、臣下にそれを探させていた。唐では、則天皇帝の代理として側近のヤン・ソウィが実権を握りつつあった。それに反発するソ・リンギは直接、則天皇帝に会い、北方の現状を話し、それに対処するための計画を披露した。則天皇帝はその計画に満足した様子だった。程なく、契丹国にテ・ジョヨンが戻った。イ・ジンチュン皇帝に挨拶したテ・ジョヨンは、高句麗流民30万人のうち10万人の遼東移住計画を話した。それに対しイ・ジンチュンは、移住はいいが、自分は退位して後継者に皇帝を譲る、その即位式までテ・ジョヨンに残ってほしいと要求した。その後、2人きりになったイ・ジンチュンは、遺書をテ・ジョヨンに託した。イ・ヘゴが契丹国を継ぐことを願って止まないシン・ホンは、その遺書をやっきになって探していた。イ・ヘゴはシン・ホンの不審な態度を言及した。シン・ホンは、そんなイ・ヘゴに、コムがテ・ジョヨンの子供であることを皇帝イ・ジンチュンが知ったことを打ち明けた。皇帝はテ・ジョヨンにこの国を渡すかもしれないと。それを聞いたイ・ヘゴは、怒りに顔をゆがめ、コムがテ・ジョヨンの子であることを知ったすべての者を自分の手で抹殺すると叫んだ。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-108話

部長

高句麗流民の移住準備は着々と進んでいた。コムがテ・ジョヨンの子供であることを皇帝イ・ジンチュンが知ったことをシン・ホンから聞かされて以後、イ・ヘゴは酒浸りになり荒れていた。そんな中、イ・へゴは唐のチョ・インサ他3名の将軍に忠誠を誓わせた。新帝発表の前日、イ・へゴはシン・ホンの言葉に従い、深夜イ・ジンチュンの寝所に姿を現し、短刀をかざした。しかし、目を覚ましたイ・ジンチュンを刺すことはできなかった。イ・ヘゴが去った後、隠れていたシン・ホンがイ・ジンチュンの首を絞め、殺した。契丹国皇帝イ・ジンチュンの急死に、契丹国はもちろん、唐、突厥もあわただしい動きを見せた。契丹国臣下、契丹族各部族長が勢ぞろいした席上、テ・ジョヨンが預かっていたイ・ジンチュンの遺書は、王孫イ・コムの手で開封され読み上げられた。遺書に従い、契丹国2代目皇帝に義弟ソン・マニョンが即位した。そして、遺書にはテ・ジョヨンとの関係を維持して、平和を守るようにとの指示があった。ソン・マニョンは先帝の意志に従い、テ・ジョヨンとの関係を重視し、流民の移住を認めた。流民が出発する朝、チョリンと息子コムが見送った。こうして10万人の大移動が始まった。一行が遼河を前にした時、テ・ジョヨンに知らせが入った。唐軍が彼らの後を追い、襲おうとしていると言う。軍勢はイ・ヘゴがチョ・インサに命じ、唐軍の装いをした契丹国軍だった。

おすすめの記事