韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-112話

部長

突厥の可汗ムクチョルは契丹の無礼な態度に怒り、イヘゴが出兵して、誰もいない営州を攻めることを命じる。押し寄せるイヘゴの大軍を安市城で迎え撃つ決意をするテ・ジョヨン。深手を負ったテ・ジュンサンをかくまっていたコムは、その居場所をコルサビウに伝え、母チョリンにテ・ジュンサンを助けたことを告げる。チョリンはコムにテ・ジョヨンや高句麗への気持ちを捨てるように諭す。押し寄せてきたイヘゴの大軍が駐弼山に陣取るのを見たテ・ジョヨンは、自ら3千の兵を率いて夜襲をかける。敵軍もイヘゴが自ら迎え撃ち大将同士の一騎打ちとなるが、テ・ジョヨン軍は数千の損傷を与えて引き上げた。翌朝、イヘゴ軍は力押しで城攻めにかかるが、両軍とも損傷が増える消耗戦となった。その上、夜襲を命じるイヘゴのもとに突厥が営州に攻め込んだという知らせが届く。突厥の根回しにより同盟の諸族にも裏切られ孤立した契丹国。その混乱の最中テ・ジュンサンは、密かにコムを呼び出し、城内の高句麗流民を救出するのを助けてほしいと頼むが、コムは苦悩しながらも拒絶する。営州の窮地を知り、撤退の決断をするイヘゴ。契丹国を滅ぼすのかという周りの反対を押し切り、テ・ジョヨンはイヘゴ軍の追撃を命じた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-113話

副部長

突厥軍に包囲された営州城では、契丹国の皇帝ソンマニョンが自らを責めながらもイヘゴ軍が戻ってくるまで持ちこたえるよう命じていた。城内に残ったテ・ジュンサンは、わずかの兵で流民を救出する道を探る。強行軍で営州へ向かったイヘゴ軍は、太子河に行き当たり渡河のため上流に迂回するが、それを追うテ・ジョヨンの軍勢は、ミモサの献策により軽装で中流にかけた浮橋を渡るという奇策で先回りした。営州では、いよいよ突厥による城攻めが始まった。イヘゴ軍を谷で待ち伏せ奇襲をかけたテ・ジョヨン軍は、壊滅的な打撃を与えた。残った千にも満たない兵を営州に送るため、イヘゴは自らたった100人の兵を率いて決死隊として踏みとどまる。テ・ジョヨンは一騎打ちでイヘゴに深手を与えるが取り逃がしてしまう。突厥と同行していたソリンギはイヘゴの敗戦を知ると、契丹国が突厥の手に落ちるのを防ぐため、敗戦を隠したまま契丹国に降伏を勧めてくると突厥の可汗ムクチョルに提案する。降伏を勧告するためソンマニョンを城外に呼び出そうとしたソリンギは、逆にチョリンとコムに捕まって城内につれこまれてしまう。しかし、イヘゴがテ・ジョヨンに討たれたと言って降伏を迫り、ソンマニョンはついに降伏の決断を下す。混戦の中、逃げ延びたイヘゴは重傷を負いながら、執拗なテ・ジョヨンの探索の網をくぐって、あくまでも営州を目指して行った。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-114話

部長

ソリンギは、突厥の可汗ムクチョルに、民に対する略奪や殺戮をしないことを条件に降伏を認めさせたことを告げる。城内に入った突厥軍だったが、そこでムクチョルは契丹の皇族の皆殺しや女たちを貢物でいただくなどの無理難題を言い出し、再び城内で乱戦が始まる。その隙に乗じて、テ・ジュンサンは流民を脱出させようとするが、契丹の皇帝ソンマニョンに見つかってしまう。しかし、チョリンとコムの取り成しで、高句麗、契丹の民と力を合わせて逃げることになるが、突厥軍に追い詰められ皇帝ソンマニョンは、契丹の民の行く末をチョリンに託し、残って戦う。安市城のテ・ジョヨンは、ソンマニョンが生け捕りにされ、城内の兵が全滅したことを知り、行方不明のテ・ジュンサンや流民のことに気をもむ。高句麗、契丹の民と共に遼東を目指すテ・ジュンサン、チョリンとコム。チョリンはテ・ジョヨンの所には行けないと言うが、コムは遼東に行くしか民を救う道はないと説く。また、チョリンとコルサビウの話を立ち聞きしたテ・ジュンサンは、コムがテ・ジョヨンの子供だと知ってしまう。契丹国滅亡に沸く唐の長安では則天皇帝が、更に突厥のムクチョルにテ・ジョヨンを討たせるべく画策をはじめていた。テ・ジュンサンたちも無事に遼東に到着し、テ・ジョヨンは契丹の民も受け入れた。生き延びたイヘゴは残党を集め、営州奪還を目指す中で、チョリンとコムがテ・ジョヨンのもとに身を寄せたことを知る。

おすすめの記事