韓国ドラマ-初恋-あらすじ-キャスト

韓国ドラマ情報館|
あらすじ!ネタバレ!最新情報!

韓国ドラマ-初恋-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ-初恋-あらすじ-16話~18話-キャスト

韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-初恋-あらすじ-16話~18話-キャスト
初恋のあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【初恋-概要】

時は1975年。映画館の看板画家の父ドッペ、絵を描くのが好きな長男のチャニョク、勉強が得意な次男のチャヌ、亡き母の代わりに家事をこなす姉のチャノクの4人家族は父の仕事の関係で地方都市の春川(チュンチョン)に移り住む。チャヌは父が働く映画館の経営者の娘ヒョギョンを一目で好きになるが、ヒョギョンはチャニョクの絵の才能に惹かれてゆく。
5年後、チャニョクはヒョギョンとの初恋を育みながら美大への進学を夢見るが、貧しい一家の長男という責任が重くのしかかる。一方、ヒョギョンへの想いを胸に秘めたチャヌは経済的な事情から大学進学をあきらめ、不良仲間とつるんでいた。そんな中、ヒョギョンの父がチャニョクとの交際を知り、卑劣な手段を使って2人を引き裂いてしまう。
ヒョギョンの前から姿を消したチャニョクは上京して工員となり、兄に代わって大学に進学したチャヌは法律家を目指すが、ヒョギョンの家族の執拗な妨害に兄弟は何度も苦難を強いられる。やがてチャニョクの将来を奪う決定的な事件が起き、怒りに燃えたチャヌは裏社会へと足を踏み入れ、ヒョギョンの家族を追い詰めてゆくが…。

 
https://youtu.be/dE1L1QMxun8
 

【初恋-16話~18話】

 

◇初恋-16話

ヒョギョンはようやくチャニョクに会えて喜んでいました。しかしチャニョクにせつない言葉をかけられて、激しく落ち込むことに・・。会えて嬉しいよ、でも・・俺のことはもう忘れてほしいんだ。そう言ったチャニョクに対して、ヒョギョンもつい意地の言葉を返してしまいます。そう・・私だって自分の夢を捨てたあなたのことなんか忘れたいわ・・と。

こうして二人の再会は暗いムードに包まれてしまうのでした。ヒョギョンはたっぷり傷つきましたが、チャニョクのほうも胸を痛めていました。その理由は、彼女の言葉がしっかりと心に突き刺さったからです。夢を捨てたあなたのことなんか・・・確かに自分は夢を捨てた過去がある・・と。その後、チャニョクはヒョギョンと再会したことをチャヌに伝えます。

そしてそのままやけ酒タイムに入り、意識をなくすほど酔い潰れてしまうのでした。一方、ヒョギョンはチャニョクに会った後、病院に入院していました。彼女のほうもショックを受けて体調を崩してしまったのです・・。シンジャは仕事を一生懸命にこなしていましたが、ある日、客と揉め事を起こし辞めさせられてしまいます。もどかしくてせつない負のスパイラル・・それはどこまでも続いていきます…。

 

スポンサーリンク


◇初恋-17話

チャニョクとの辛い再会でショックを受け、病院に入院したヒョギョン。その後もなかなか体調は戻らず、むしろますます悪くなる一方でした。なんとか自分で自分を励まそうとしますが、脳裏に思い浮かぶのはチャニョクのことばかりで・・。そのチャニョクが病院にお見舞いにやって来ます。しかし面会することができず、そのままヒョギョンに会わずに帰っていきます。

後で看護師からチャニョクが来ていたことを聞いたヒョギョンは、ようやくテンションが上がります。私に会いに彼が来ていたの!?そうだったの!嬉しいわ!と。ヒョギョンはチャニョクが再び訪れるのを待とうとしましたが、待てるわけがありません。居ても立ってもいられなくなった彼女は、病院を勝手に抜け出してチャニョクに会いに行きます。

一方、チャヌはなんとか努力と根性で大学生活を送っていました。勉強もアルバイトも大変ですが、彼は家族や兄のために必死に耐え抜きます。そうした中、放送部のソッキと知り合いますが、彼女から流したい曲があるかと問われます。それに対してチャヌは、少し考えてから・・父が大好きな演歌のタイトルを口にします。仕事を辞めさせられたシンジャは、宿代を払うこともできなくなり…。

スポンサーリンク


 

◇初恋-18話

ヒョギョンとチャニョクの二人が思ってることは、共に一致していました。お互いに昔と何も変わらない気持ちを持ち、心から惹かれ合っていたのです。しかし、チャニョクは自分に正直になることができません。君のことが大好きだ、結婚したいとさえ思ってる・・その一言がどうしても出せないのです。出せない理由は、彼が家族のことを第一に考えているからです。

自分がチャニョクと交際すれば、ヒョギョンの家族はうちの家族に敵意を剥き出しにするだろう。それだけならまだしも、何らかの危害を加えてくる可能性もある・・。チャニョクにはそんな思いがあるため、ヒョギョンの気持ちに応えることができないのです。一方、弟のチャヌは煮え切らない兄に対して檄を飛ばします。

どんな愛にも障害はつきものだろう!むしろそれを乗り越えてこその真の愛だ!と。この一言に勇気を得たチャニョクは、ようやくヒョギョンに対して素直になります。彼女の自分に対する想いを・・真正面から受け止めることにしたのです。こうして長い月日を経て、ようやくチャニョクとヒョギョンの愛の絆が復活しました。そしてそれを結び合わせたのは、チャヌの鮮烈な一言でした…。

スポンサーリンク


 

【初恋-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事