韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-1話~3話-キャスト
ホジュン~伝説の心医~、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【ホジュン~伝説の心医~-概要】

軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。
そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。
間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。

 


 

【ホジュン~伝説の心医~-40話~42話】

 

◇ホジュン~伝説の心医~-40話

ドジは、合格した自分の宴会にジュンを呼んで残念だったと言いながら、小さい事にとらわれて大きいものを逃したと告げて….。
ドジが合格してウィテは、医者だった自分の父親の話を聞かせ、医者はどうあるべきかを話すが….。
その頃、帰りに寄ると約束した村で診察をして村民に喜ばれる。

そして県監(地方行政区域県の長)が宴会に訪れてお祝いの言葉を述べる。
その時、県監に手紙が届き、ジュンが村民の為に治療を行ったことをたたえる手紙が届いた。
それを聞いていたダヒは、一瞬でも失望した私を許してください・・と涙をこぼして….。

 

◇ホジュン~伝説の心医~-41話

村人が助けを求めたのに無視した医者の中にいたのか?と父親に聞かれると、そんな事をしていたら合格できなかったと言うドジに墨汁の墨をかけた。
更に、そんな愚かな事をして合格したと浮かれているのか?と責める。
そして、激怒したウィテは、内医院に行かなくてよいと命じるが….。
街の中では、ジュンを褒め、サヌムの誇りだ!と舞い上がってる。

奥様は、ドジと一緒にハニャン(都)へ行くと言い旅立つ時、ウィテがもう息子ではないと告げる。
ジュンが家に帰ると患者が詰めかけるが、ダヒに一人看ると大変な事になると言って…。
そんな時、県監が急病だとウィテとジュンは呼ばれ、ジュンに診察させ治療を任せるが….。

スポンサーリンク



 

◇ホジュン~伝説の心医~-42話

ウィテに連れられ治療をするとジュンは、急性胃腸炎の診断をして治療を始める。
ジュンに任せるのだが先輩達は、ウィテをさしおいて患者を横取りした!と怒る。
治療のかいがあり峠を超えたと報告にウィテの所へ行くと、お前の患者なのに報告する必要はないと言われる。
家族は、ジュンがウィテから許しをもらったことを喜ぶが….。
しかし、イルソ達は、病院に入らないで開院した方がいいのに・・と言って….。

その頃、ドジと母親は新しい土地で家を買い、内医院での研修が始まったドジは、書庫を案内されるとその本に目を輝かせる。
一方、ウィテの病院は、雑用をする人がいなく困っていたのでダヒと母親が手伝いに行くと患者の列ができていて。
そんな時、診療簿が失くなったと大騒ぎになるが、ウィテは、新しくお前が作れ!とジュンに命じる。
戸惑うジュンにイェジンが師匠があなたを試してるのだと….。

 

【ホジュン~伝説の心医~-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事