韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-キャスト

韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-キャスト

スポンサーリンク



韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-ホジュン~伝説の心医~-あらすじ-103話~105話-キャスト
ホジュン~伝説の心医~、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【ホジュン~伝説の心医~-概要】

軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。
そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。
間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。

 
https://youtu.be/8oftp4CBWKU
 

【ホジュン~伝説の心医~-103話~105話】

 

◇ホジュン~伝説の心医~-103話

コンビンは、熱が出て弱っていたので、オグンに生薬をもらいにいったジュンは、帰りに大事な話があるから家に来るようにと言われる。
そこでインビンのお付きの者が祈祷師に会っていること、その女性が側室がはくような靴をもっていたとホンチュンに聞く。
そして、側室の誰かに呪いをかけるつもりだと言い….。
コンビンのお付きの者達と一緒に祈祷師の所に来たホンチュンは、証拠の品を見つけるとコンビンの物だと確認させる。
そこにコンビンの兄も来て、証拠の品を持って行き、祈祷師も捕まえる。
そして、コンビン様にも事実を伝え、王様にも知らせるべきだとコンビンの兄は、言うのだが….。
コンビンは、インビンに会い、愚かな女だ!王様の心をつかんでおきながら、私の命を狙うなんて・・と。
そして、王様を心配させない為に、なかった事にする、でも今度は、許さない!と言い….。

一方、ドジの母親は、実家のい行って、寺で余生を送ることにしたと、ドジに言い。
ドジの母親は、ジュンと会い、命を助けてもらったお礼を言い、夫の最後も見送ってくれた事のお礼もしてお別れして….。
コンビン様は、王子様を連れて旅に出るが王様は、見送りにも来ない。
コンビンは、自分の命は、もう長くないとわかると言い….。

 

◇ホジュン~伝説の心医~-104話

コンビン様は、私が王様の寵愛を受けていた時、王妃様も今の私と同じだったはずと言う。
そして、私がいなくなったら王子達を医官としてだけでなく、人間としても宜しく頼むとジュンにお願いする。
その頃、ホソクを訪ねたチョンスは、まだ不正をしてお金を隠してるか?と聞くととんでもない!と答えるとこの件は、終わりだと言う。
実は、ジュンに頼まれたと言い、ホソクにもう不正に手を染めるな!と帰って行くが。
ホソクは、ジュンの家を訪ねると、ジュンの母親からあなたと母親にとっては憎まれても仕方なかったと謝る。
ホソクも謝罪をして、ジュンの息子を抱き上げて….。

その時、コンビンが危篤との連絡を受けて駆け付けるが、そのまま亡くなってしまう。
王様の嘆きは大変なものだったが、ジュンの責任は、問わないと命じる。
ジュンは、暫く休職して、全国をめぐり薬草を採って効能を調べ病の研究をしたいと言い。
ヤン・イェスの承諾を得たジュンは、ドルセとサンファヤを伴って旅に出た。
ジュンは、師匠の墓の前で、草や土に秘められた薬効をすべて解明し、患者の為に活かしますと。
そして、どうか力になって支えてください!とお願いするジュン。

スポンサーリンク



 

◇ホジュン~伝説の心医~-105話

17年後・・

亡きコンビンの次男クァンヘグンの具合が悪いとジュンの所に使いの者がやって来るが、病気ではないと告げる。
自分は、王様に忘れられてる存在だと話すクァンヘグンに、王様も気にかけていると言うが今日は、母親の命日だと寂しそうに話し….。
そして、私の心の病を治してほしいとお願いする。
その頃、長年、ジュンの家で世話になってるドルセは、偽医者になって治療を始める始末で….。
一方、大きくなった息子ギョムは、大科(主にヤンバンが受ける科挙の最終試験)を受けたいと勉強に励んでいた。
しかし、自分の身分では無理だと知りつつ思いは変えられず、苦しんでいた。
親として、苦しむ姿を見たくないジュンではあったが、反対する決意は固く….。

イルソ夫妻は、生薬問屋がうまくいき使用人もおけるようになっていた。
一人娘オンニョンは、ギョムのことが好きで、今日も差し入れを持って行くとでかける。
しかし、オンニョンの片思いでギョムは、勉強しか見えていない。
そんな時、インビンの息子シンソングンの背中、首にまで腫物が広がり王様も心配で….。
ドジは、なぜかジュンにシンソングンの治療を任せよう!と提案する。

 

【ホジュン~伝説の心医~-その他のあらすじ】

 

 

その他おすすめの韓国ドラマ

スポンサーリンク



おすすめの記事