韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-58話

部長

テ・ジョヨンに刃を突き付けられたヨン・ナムセンは、自分も愛国の徒だ、方法が違うだけだと訴える。そこへ、官軍が来たと告げられた。次まで命を預けると去るテ・ジョヨン。ミモサの店チソン楼にいるポジャン王を襲撃することにより、ポジャン王とミモサへのソ・リンギの不信を取り除いた。テ・ジョヨンは、安東都護府に直接入って、シン・ソン、プ・ギウォンを殺し、団員を救うとポジャン王に告げる。反対するポジャン王だが、ミモサは東明天帝団が安東都護府に入って来るとは、誰も考えないから、成功するかもしれない。ソ・リンギは、ポジャン王を囮にして、東明天帝団を捕まえようとしている。ミモサは、それを逆手にとって利用しようとテ・ジョヨンに伝える。一方、営州の地の契丹族陣営に唐の使者が来る。使者は、契丹部族長、チョリンの前で、テ・ジョヨンを殺せば、唐王が賞を与えると言う。テ・ジョヨンが生きている、お前の父が生きていると赤ん坊に言うチョリン。明日、ポジャン王が囮になり、極楽寺に行く。兵がいようがいまいが、安東都護府を攻撃する。テ・ジョヨンは、この機会を逃せば、捕まっている団員を助けることはできない、プ・ギウォン、シン・ソンを殺すことができないと考えた。その日、極楽寺、ポジャン王を囮にイ・ヘゴ、シン・ホン、兵士たちは待ち伏せていた。シン・ホンはテ・ジョヨンが現れる気配がなく、おかしいと感じる。東明天帝団は安東都護府を攻撃していた。団員を救えとコルサビウとフクストルに命じ、自分がプ・ギウォンとシン・ソンを殺すと言うテ・ジョヨンだった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-59話

副部長

テ・ジョヨンたちは、敵の裏をかいて、安東都護府を襲撃し団員を救出してシン・ソンを殺したが、プ・ギウォンは寸での処で命拾いをした。極楽寺のイ・ヘゴとシン・ホンに、安東都護府が襲撃されたと情報が入る。人間の間には宿命がある。シン・ホンは、テ・ジョヨンは必ず越えなくてはいけない宿命だと言う。テ・ジョヨンが生きていることを知ったチョリンは、テ・ジョヨンの子は死んだと伝えなければいけない、イ・ヘゴと部族をもう裏切れない。一方、唐王に招かれた契丹部族長と義弟は、営州の勅吏に任命された。営州の地を契丹族に与えられると期待していた二人には大いなる不満であった。一方、裏をかかれてシン・ソンを暗殺されたイ・ヘゴとシン・ホンは、ポジャン王とヨン・ナムセンの前で、東明天帝団の背後は、ポジャン王ではないかと問い詰める。また、シン・ホンは、ヨン・ナムセンに、テ・ジョヨンはあなたの前に必ず現われる、その時は知らせろと言って去った。テ・ジョヨンに会わせて欲しいとスギョン姫を訪ねるヨン・ナムセン。ヨン・ナムセンを利用すればソ・リンギを殺せるとテ・ジョヨンは言う。問題は、ヨン・ナムセンを信じられないということだと言うミモサ。黒装束の男が安東都護府に忍び込み、プ・ギウォンの首に剣を向けた。頭巾をとったその顔は、あのテ・ジョヨンだった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-60話

部長

寝所に忍び込んだテ・ジョヨンに、殺されるそうになり、プ・ギウォンは目を覚ました。夢であった。プ・ギウォンは、そのまま剣を手に表に飛び出し暴れまわった。プ・ギウォンの精神は少しずつ病んでいた。そのプ・ギウォンが高句麗の青年を徴発し、東明天帝団から守る自分たちの楯にすることを提案した。ソ・リンギ、イ・へゴ、シン・ホンはその案を実行に移した。働き手の青年を徴発された高句麗の民の怒りは爆発した。しかし、プ・ギウォンらは押し寄せる民に、その怒りをそうせざるを得なくした東明天帝団に移せと訴える。そのように騒然とした遼東に営州からチョリンが来ていた。チョリンは、スギョン姫に会い、コルサビウに会わせてくれるように頼んだ。目的を語らぬチョリンに、スギョン姫は会わせることはできぬと突き放す。イ・へゴ、シン・ホンは東明天帝団を捕まえようと躍起になっていた。2人は、ソ・リンギに侍るクムランを疑い、テ・ジョヨンからの偽の手紙を使いヨン・ナムセンに罠をしかけ投獄して拷問にかけた。シン・ホンが口を割らないヨン・ナムセンに、協力すれば安東都護府の統治を任せると取引してナムセンを釈放した。邸にたどり着き座りこもうとしたナムセンの首に抜き身の剣が、押し当てられた…。

おすすめの記事