韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-4話

部長

唐軍は、守りの固い安市城を攻略するために、土山を築き始める。土山を城壁よりも高くし、上から一気に攻め、兵士が城外に出てきたところを叩くのだ。高句麗側は、土山を築かせないために奇襲を計画。だが唐側についた契丹族のソリンギは高句麗の奇襲を予想して逆に待ち伏せする。予想は見事に的中、高句麗の奇襲を防ぎ皇帝イ・セミンに一目置かれることに。しかしカンハ王の面目をつぶし、彼から憎まれることになる。安市城内では土山対策の軍議が開かれ、土山の地下を掘り空洞を作る策が採用された。唐軍の重みで土山を崩れさせる作戦だ。そのため民の力も借りて地下に空洞が掘られていった。2ヵ月が過ぎ、唐軍は土山を完成させる。攻撃が迫る中、一筋の流星が安市城内に落ちていく。唐軍の皇帝、安市城城主ともに、その流星の意味するものは吉か、はたまた不吉なものか思案していた。そしてついに唐軍の攻撃が始まった。唐軍の激しい攻撃にさらされ、高句麗軍は苦戦。そして勢いに乗った唐軍が土山に登り始めた。すると、土山が大きく崩れはじめる・・。ちょうどその時、テ・ジュンサンの妻タルギは出産の時を迎えていた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-5話

副部長

唐軍が乗った土山は音を立てて崩れ始めた。武器が兵士が馬が、土山に飲み込まれていく。呆然と見る唐の太宗イ・セミンと側近の武将達。しかし、テ・ジュンサンは友のプ・ジグァン将軍を死へ追いやった自分に悔恨の情を抱き、涙の中にこの光景を見ていた。この頃、ジュンサンの妻タルギは元気な男の子を出産していた。ジュンサンは強大な唐の水軍を全滅させた、高句麗の大莫離支ヨン・ゲソムン大将軍と合流することになり、妻とヤン・マンチュン将軍がジョヨンと名づけたその子に暇乞いを告げに行った。「流星の落ちた日に生まれた子は帝王の運気を持つ」という言い伝えがあり、王が存在する高句麗の高官から逆賊に育つのではと疎まれ始めた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-6話

部長

流星が落ちた日、テ・ジュンサンの家に赤ん坊が生まれたことを知ったヨン・ゲソムンはジュンサンを問い詰めた。帝王の運気を持った赤ん坊は逆賊ゆえに殺すべきというのがヨン・ゲソムンの考えだった。ジュンサンは生まれた子は「娘」だと答え、その追及を逃れた。ヨン・ゲソムン率いる高句麗軍は、ジュンサンがヨン・ゲソムンの三足烏旗を使って誘導して、逃げる唐軍を遼河の下流、果てしない沼地・遼澤に追い込んだ。太祖イ・セミンは契丹出身の将軍ソリンギの機転で、逃げ延びて柳城にたどり着いた。しかし、ヨン・ゲソムンは盟友の安市城主ヤン・マンチュンの援軍を受け、柳城を攻めた。命からがら唐の都に逃げ帰ったイ・セミンは4年後、その時負った傷がもとで崩御したのであった。万里の長城が見える高麗城に立ったヨン・ゲソムンはヤン・マンチュンに、流星が落ちた日生まれたテ・ジュンサンの子は男で「その赤ん坊は殺す、王を殺す逆賊は排除する」と言い放った。

おすすめの記事