韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-82話

部長

テ・ジョヨンは、平壌城が落ちる時、自分たちを助けてくれた契丹族部長イ・ジンチュンの「真の勇気は賞賛されるべきだ」という言葉を思い出していた。テ・ジョヨンは、大胆にも契丹族部長に会い、食糧を分けてくれるよう申し出た。その見返りに何をくれる?という問いに、テ・ジョヨンは、友軍となると答えた。契丹族の王の称号・可汗の中でも絶対権力を持つ可汗、無上可汗になることに協力すると。また、イムンに破れ逃げてきたケピルサムンが捕まっているのを聞いたテ・ジョヨンは、その釈放も願い出た。ケピルサムンには二度借りがあるのでと言うと、そのくらい義理堅ければ約束も守るだろうと、すぐに釈放してくれた。馬の扱いが上手な突厥族のケピルサムンもテ・ジョヨンの仲間になった。ミモサの提案で究極の目標を新たな国の建国に軌道修正した。しかし、今は強力な軍を作り、高句麗流民を助けることだとテ・ジョヨンは誓った。683年唐の高宗が崩御、遺言通りイ・チョルが継承したが、翌年、則天武后がそれを廃位して弟のイ・タンを即位させ、全権力を手にした。690年には唐の王族を排除して則天武后が自ら皇帝の座に就き聖神皇帝と称した。時は流れ695年のとある日。勢力地図は激変した。北方では突厥のムクチョルが力をつけ、東方ではテ・ジョヨンの勢力が静かにそして急速に成長していった。唐のイ・へゴも建国を口にするほど力をつけた。営州に唐からイムンの息がかかった監督官チョムネが赴任し、城門でいざこざがあった。それに対処していたのは、成長したイ・コム。テ・ジョヨンとチョリンの間にできた子だった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-83話

副部長

テ・ジョヨンが各部族部族長の前で規律や心構え、軍の強化について演説している。その話は、唐と戦う時は三足烏の旗のもとに集まれと締めくくられ、部族長たちはテ・ジョヨンへの忠誠を誓った。東牟山を本拠地とするテ・ジョヨンは細かく分かれていた部族を統合して勢力を拡大していった。テ・ジョヨンを中心にミモサ、フクスドル、コルサビウの四人が、力を合わせてこの事業を成し遂げていた。彼らの耳に、契丹の営州の監督官チョムネの暴政が聞こえてきている。過度の徴税、滞納者への処罰は過酷を極めていた。刑罰を受けて死に至る者も続出しているという。しかもその多くは高句麗流民であった。その上、徴兵の指示がきた。唐からイムン大将軍が来て、一か月以内に2万人の若者を用意せよと言う。唐は西北で突厥族と戦を続けていた。イ・へゴが全線で指揮を執って、1か月の間、毎晩角笛と太鼓を鳴らし、馬を眠らせない作戦が騎馬戦の得意な突厥族の力を半減させるのには功を奏していた。今度の徴兵は、主にこの北西へ送る兵のためであった。高句麗流民でまかない切れなければ、契丹族から出せばよいというイムンの言葉に、耐えに耐えてきた契丹族部族長の堪忍袋の緒が切れ、戦闘の準備を始めた。テ・ジュンサンの調査によるとこの無理な徴税徴兵は意図的になされていると感じた。唐が契丹に対し仕掛けようとしている。高句麗流民村で疫病が発生したと知らせが入り、チョリンの子イ・コムが調べた。イ・コムは疫病が嘘であることを見抜いたが、その地域を閉鎖した。このままでは暴動が起きると思ったコムの咄嗟の判断だった。ついに立ち上がる決心をした契丹族は、コムの認めた手紙を北西で戦うイ・へゴに届けようとした。しかし、唐の奇襲に会い使者は切り殺され、密書はイムンの手に渡った。密書を読み高笑いするイムンだった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-84話

部長

イムンは契丹族部族長イ・ジンチュンの誕生日の祝いに、契丹族は事を起こすと読んでいた。契丹の営州には不穏な空気が漂っていた。テ・ジュンサンは再び営州に向かい、察知して止めに来たソ・リンギはこの地に留まっていた。イムン、チョムネは当然、部族長誕生日祝いの招待されていた。誕生日当日、3刻過ぎても唐の招待者は一人も姿を現さない。不審に思った部族長は戦闘態勢を整えようとした、その時様子を見に行った側近が慌てて戻った。営州の官庁はすっかり包囲され、イムン軍が先制攻撃をかけてきた。斬り合いが始まったがすぐに勝負はついた。蜂起を否定しようとしたが、コムが父親イ・へゴに宛てた手紙が証拠として出された。コム、チョリンと何人かの兵士が逃げたが、チョリンは足に怪我を負い、逃げ切れない。決死の戦いを挑もうとしたところに、矢が飛んできて次々と唐の追手を射抜いた。テ・ジョヨンが助けにきたのだった。突然のテ・ジョヨンの出現をイムンは信じられなかった。10数年テ・ジョヨンは中央に知られていなかった。コムはテ・ジョヨンに助けを求めた。テ・ジョヨンは見返りに何をくれるか聞いた。コムは即座に高句麗流民をお返ししますと答えた。テ・ジョヨンの狙いが、そこにあることを知っていたのだ。害は北西で突厥と対峙しているイ・へゴにも及んだ。副将チャン・ヒョヌに則天皇帝から暗殺の指令が来た。それを見抜いたイ・へゴは副将2人を罠にかけ投獄した。テ・ジョヨン陣営で、コルサビウとチョリンが会った。コルサビウはコムの成長を見て、狼の巣で育てても虎の子は虎だ、自分はどうしていいか分からないと言うと、チョリンはコムがテ・ジョヨンの子であることを明かしたらお前を殺して私も死ぬと剣を抜いてコルサビウに突きつけた。そこにテ・ジョヨンが現れた…。

おすすめの記事