韓国ドラマ-青い海の伝説

部長
今回は人気K-POPグループCROSS GENEのシン・ウォンホや「オフィスの女王」のイ・ヒジュン、「応答せよ」シリーズのソン・ドンイルや「最高です!スンシンちゃん」のイ・ジフンなど、多彩なキャストが脇をかため生き生きとしたキャラクターを熱演!ジュンジェの少年時代のキャストとして、現在人気急上昇中のK-POPグループGOT7のジニョンが抜擢されたことでも話題になった『青い海の伝説』をご紹介します!

副部長
韓国に古くから伝わる人魚物語をモチーフに、人間と人魚の甘く切ない恋模様を描いたラブロマンスですね!

部長
全20話の構成になっています!

青い海の伝説-概要

部長
1598年、激しい嵐で海岸に打ち上げられてしまった美しい人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、近隣の村民に見つかり、この地の権力者で商人のヤンに捕まってしまう。ヤンは新しく赴任してきた県令のキム・タムリョン(イ・ミンホ)に取り入るため捕らえた人魚を見せるが、人魚を哀れに思ったタムリョンはヤンが行ってきた様々な不正行為を見逃す代わりに人魚を自由にするよう命じ、人魚の命を救う。
時は流れ、現代のソウル。タムリョンは天才詐欺師ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)として生まれ変わり、仲間のナムドゥ(イ・ヒジュン)とテオ(シン・ウォンホ(CROSS GENE))と共に世界をまたにかけて詐欺を働いていた。そんなある日、スペインに滞在していたジュンジェは、ホテルの部屋で見知らぬ女性を発見。
それは、初めて陸に上がってきた人魚だった…。

青い海の伝説-相関図

韓国ドラマ-青い海の伝説-あらすじ-キャスト-相関図

韓国ドラマ-青い海の伝説-13話

部長

ジュンジェ(イ・ミンホ)とシムチョン(ジョン・ジヨン)は互いの気持ちを確かめます。ジュンジェの気持ちを確認したシムチョンは幸せな気持ちでいっぱいです。
継母のカン・ソヒはイルジュンの財産を横取りするため、計画通りに弁護士とイルジュンの遺言状の内容をすり替えます。 視力が低下したイルジュンは、階段から落ち病院に運ばれ手術を受けます。カン・ソヒは階段から落ちるイルジュンを黙ってみているところを、息子のチヒョンが目撃します。
マ・デヨンの後を追う刑事は、マ・デヨンが精神科医のジン・ギョンウォンの患者だったことを知りますが、ジン・ギョンウォンはジュンジェ(イ・ミンホ)が催眠治療を受けた精神科医でした。過去の記憶の結末が気になり、再び催眠治療を受けるためにジン・ギョンウォンのもとを訪れます。
過去、ダムリョンは罪人となり島流しの処分を受けることになり移送されることになります。ユン氏は人魚のセファを捕まえるため風船灯を飛ばし、セファはダムリョンの合図だと思い現れます。移送中異変に気づいたジュンジェが現れ、ユン氏の攻撃からセファを守ります。ユン氏の銛で二人は死にます。

韓国ドラマ-青い海の伝説-14話

副部長

ジュンジェ(イ・ミンホ)は前世の結末を知るため、 精神科医のジン・ギョンウォンのもとで催眠治療を受け、その悲しい結末を知り涙を流します。マ・デヨンもまた同じく前世のその後を知るため、ジン・ギョンウォンを訪れます。マ・デヨンの前世の映像から、ダムリョンとセファが死ぬことになった銛は、マ・デヨンが投げたものではなく、別の人物が投げたのでした。
モ・ユランはジュンジェが高校生の時に家を出たことを知り、ガン・ソヒを訪ねます。昏睡状態だったナム部長が目を覚ましたことで、ジュンジェは彼の事故がマ・デヨンと関係があることを知ります。
ジュンジェの愛なしではシムチョンの心臓は硬くなり、止まり死んでしまうことをジュンジェは知りシムチョン(チョン・ジヒョン)の考えを聞き取れることをシムチョンは気づきます。

韓国ドラマ-青い海の伝説-15話

部長

シムチョン(チョン・ジヨン)の心の声に動揺するジュンジェです。ジュンジェ(イ・ミンホ)が死ぬとシムチョンも死ぬことになる理由を問うジュンジェですが、シムチョンはすべてを話します。陸に上がった瞬間からジュンジェの愛だけがシムチョンの心臓を動かせることができると伝えます。ジュンジェが死ぬと人魚のシムチョンも死ぬことになります。
シムチョンはジュンジェがシムチョンの本当の姿を見た後、気持ちが変わらないかを心配し、ジュンジェにとって最も恐るべきことは、前世と現世で同じことが起きることになることです。ジュンジェはシムチョンに前世のダムリョンとセファの話をします。二人の悲しい結末を語れず彼女のために、二人は幸せをむかえたと嘘を伝えます。
ジュンジェの母とは知らず、シムチョンはモ・ユランと親しくなり、ジュンジェは幼くして別れた母と再会します。

おすすめの記事